• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Infinite Tracing。トレースオブザーバーの監視設定

Infinite Tracing (以前は「New Relic Edge」と呼ばれていました) は、トレース オブザーバーの監視を提供するため、トレース オブザーバーのサンプリング動作に関する追加の洞察を得ることができます。このオプション機能は、トレース オブザーバーによって表示および保持されたトレースの量を示します。トレース オブザーバー メトリックは、選択したアカウントに書き込まれ、Infinite Tracing 設定またはクエリ ビルダーで表示できます。

モニタリングを有効にすると、トレースオブザーバーのメトリクスは、New Relic アカウント階層のどのアカウントにも書き込めるようになります。これにより、メトリクスの可視性をコントロールすることができます。モニタリングを有効にする前に、どのアカウントがトレースオブザーバーのメトリクスを受け取るかを決める必要があります。

ヒント

この機能を有効にすると、若干の追加月額料金が発生します。例えば、現在の料金モデルでは、以下の条件で1.6セントの追加月額料金が発生します。

  • メトリクスの数2
  • レートです。10秒ごと
  • 属性の数2-5

トレースオブザーバーの監視を有効にする

New Relic UI のトグルをクリックして、トレース オブザーバーの監視をオンにすることができます。トレース オブザーバーの監視を有効にするとすぐに、トレース オブザーバーのメトリックがキャプチャされてアプリに表示されるか、クエリ ビルダーで表示できます。トレース オブザーバーのメトリックは遡及的ではなく、トレース オブザーバーの監視が有効になっている場合にのみキャプチャされます。

トレース オブザーバーの監視を有効にするには:

  1. one.newrelic.com > All capabilities > Infinite Tracing settingsに移動します。
  2. トレース オブザーバー メトリックを記録するアカウントにいることを確認します。
  3. [トレース オブザーバーの監視] トグルをクリックします。

トレースオブザーバーの監視アカウントを切り替える

ある時点で、トレース オブザーバー メトリックを受け取るアカウントを変更することにした場合は、Infinite Tracing 設定でこれを行うことができます。

  1. one.newrelic.com > All capabilities > Infinite Tracing settingsに移動します。
  2. アカウントセレクターを使って、トレースオブザーバーのメトリクスを書き込むアカウントに切り替えます。
  3. トグルをクリックすると、トレースオブザーバーの監視が無効になります。
  4. トグルをクリックすると、現在のアカウントでトレースオブザーバーのモニタリングが再び有効になります。

ヒント

トレースオブザーバーの監視が有効または無効になっている場合、変更が発生したアカウントにNrAuditEventが書き込まれます。このイベントは、トレースオブザーバーに加えられた変更を追跡するのに役立ちます。

トレース・オブザーバー・メトリクスの表示

監視アカウントにアクセスできる人は誰でも、Infinite Tracing 設定またはクエリ ビルダーでトレース オブザーバー メトリックを表示できます。

監視アカウントへのアクセス権がない場合、Infinite Tracing 設定でトレース オブザーバー メトリックを表示したり、これらのメトリックで NRQL クエリを実行したりすることはできません。アクセス権がない場合は、次のように表示されます。

Infinite Tracing 設定でメトリックを表示する

トレース オブザーバーの監視をオンにすると、トレース オブザーバーのメトリックが無限トレース設定に表示されます。

  • メインのトレースオブザーバーリストに2つのカラムが追加されました。

    • Traces Seen: 過去 60 分間にトレースオブザーバーが見たトレースの数。
    • Traces Kept: 保持されたトレースの数と割合。
  • 画面の右側に新しいペインが追加されます。

    • モニタリングアカウント: 右ペインの上部にある、トレースオブザーバーのメトリクスが書き込まれるアカウントです。

    • How many traces were kept? (top chart)。 Traces Kept と同じ情報を表示していますが、これが時系列でどのように見えるかを示しています。サンプリングの大きさや傾向を見ることができます。

    • どのような痕跡が残されていたのか? (下の図)。どのカテゴリーのトレースが保存されたかを示します。このチャートは、さまざまなタイプのInfinite Tracingフィルターによってトレースがキャプチャされたかどうかを示しています。

      • 持続時間(スロートレース)
      • 無作為
      • スパン属性フィルター(エラーなどの指定した属性を持つトレース)

クエリビルダでの表示

メトリクスをプログラムで表示したい場合は、NRQL クエリの例をいくつか示します。これらの例は、Infinite Tracing 設定から 2 つのチャートを複製します。

どれだけの痕跡を残したか? (トップチャート)。

FROM Metric SELECT sum(monitoring.trace.opened.session.count) AS 'Traces seen', sum(monitoring.trace.sampled.count) AS 'Traces kept' WHERE account = INSERT_THE_MONITORING_ACCOUNT_ID TIMESERIES

どのような痕跡を残したのか? (下の図)。

FROM Metric SELECT sum(monitoring.trace.sampled.count) WHERE account = INSERT_THE_MONITORING_ACCOUNT_ID AND newRelic.traceFilter.type IS NOT NULL FACET newRelic.traceFilter.type LIMIT 3 TIMESERIES
Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.