• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Infinite Tracing:プロキシ対応の設定

Infinite Tracingでは、アウトバウンドトラフィックがトレースオブザーバーに到達する前にプロキシを経由する必要がある場合、オプションのプロキシ設定を供給することができます。これをサポートする言語エージェントを以下に示します。

重要

プロキシがInfinite Tracingで動作するためには、標準のHTTP/1.1ではなく、HTTP/2プロトコルをサポートする必要があります。このサポートが利用できるかどうかは、プロキシのマニュアルを参照してください。

Go

環境変数HTTP_PROXYHTTPS_PROXY 、およびNO_PROXY (または対応する小文字のバージョン)を使用してプロキシアドレスを指定します。

Java

JavaエージェントのgRPC実装では、「Java Networking Properties」のドキュメントに記載されているように、標準のJVMプロキシ・プロパティが自動的に使用されます。システム・プロパティの設定例は次のようになります。

-Dhttps.proxyHost=<proxy-host> -Dhttps.proxyPort=443

アプリケーションがすでにプロキシを使用している場合は、これらのプロパティがすでに設定されている可能性があります。その場合、gRPCは自動的にInfinite Tracingのデータをプロキシ経由で転送します。

.NET

プロキシアドレスは、 GRPC_PROXY環境変数で指定できます。

Node.js、PHP、Python、Ruby

プロキシアドレスは、環境変数GRPC_PROXYHTTPS_PROXY 、およびHTTP_PROXYで指定できます。これらの変数は順番にチェックされ、値を持つ最初の変数が使用されます。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.