• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Infinite Tracing。ランダムトレースフィルターの設定

トレースオブザーバーは、デュレーションやスパン属性のトレースフィルタに加えて、ランダムトレースフィルタを使用して、観測されたトレースの代表的なサンプルを含めることができます。デフォルトでは、全トレースの1%がランダムトレースフィルタを介して保存されます。この値は0%から100%の範囲で設定でき、0.0001%の増分で設定できます。この値を変更すると、トレースオブザーバーは即座に認識します。

概要

保持率の値を変更したい場合には、さまざまなユースケースがあります。以下の各ユースケースについて、Infinite Tracing設定Nerdletを使用するか、GraphQLチュートリアルの手順に従って変更を加えることができます。 トレースオブザーバーでランダムサンプラーを更新します

短いタイムウィンドウ

例えば、新機能を発表する際に、発表後15分間のすべてのトレースを確認したいとします。パーセンテージを100%にすると、すべてが表示されます。終わったら元に戻してください。

すべてを見せてください

すべてのデータを常に探索したい場合は、保存率を100%にすれば、すべてを見ることができます。

シグナルばかりでノイズがない状態を見せてください

アルゴリズムが特別だと判断したトレースだけを表示して、S/N比を高めることができます。パーセントキープを0%にすると、デュレーションの異常値と、スパン属性のフィルタールールにマッチしたトレースのみが表示されます。

もっと(あるいはもっと)見せてください

当社のデフォルトである1%は、単なる出発点に過ぎません。多くの異常値やエラーがなく、トレースのスループットが低い場合、100個のトレースのうち1個を見るだけでは十分ではないと感じるかもしれません。一方、大量のデータを持っている場合は、フィルターを4桁下げることができるので安心です。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.