• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

スケーラビリティ解析レポート

APMのスケーラビリティ分析レポートは、アプリの負荷と比較したレスポンスタイム、データベース使用率、CPU使用率を散布図で表示します。これにより、アプリケーションの成長に伴うパフォーマンスや潜在的なハードウェアの必要性を分析することができます。

スケーラビリティ分析レポートを見る

自分のアプリのレポートを表示するには

  1. Go to one.newrelic.com > APM> (アプリを選択)> Reports> Scalability.
  2. スケーラビリティ分析 ページから、 応答時間データベースCPU の散布図を表示するタブを選択します。
  3. 個別のチャートタブから、 時間帯 を選択します。
  4. Filter outliers のチェックボックスを選択またはクリアします。
  5. New Relic の標準的な ページ機能 を使って、詳細な情報にドリルダウンすることができます。

スケーラビリティ解析レポートには、3つのチャートが含まれています。

スケーラビリティチャート

説明

レスポンスタイム

このグラフは、アプリケーションのレスポンスタイムをミリ秒単位で、アプリケーションの負荷を1分あたりのリクエスト数で表したものです。スケーリングがうまくいっているアプリケーションでは、レスポンスタイムは水平かそれに近い値になっているはずです。

データベースの利用

このグラフは、アプリケーションのデータベース使用率とアプリケーションの負荷を、1分あたりのリクエスト数でプロットしたものです。スケーリングがうまくいっているアプリケーションでは、プロットされたポイントにほぼ線形のパターンが見られるはずです。

CPU使用率

このグラフは、RailsプロセスのリクエストごとのアプリケーションのCPU時間を、1分あたりのリクエスト数で表したアプリケーションの負荷に対してプロットしたものです。スケーリングがうまくいっているアプリケーションでは、プロットされたポイントにほぼ線形のパターンが見られるはずです。

時間帯の選択

各スケーラビリティ分析レポートには、過去24時間、過去7日間、その他の期間など、異なる期間のデータを表示するオプションがあります。たとえば、 Use time window selection を選択し、 time picker がデフォルト値(Last 30 minutes, ending now)を使用している場合、チャートには過去30分のデータのみが表示されます。

データを分析

APMには、ユーザーインターフェースにいくつかのレポートが含まれています。ソフトウェアに関するデータを他のフォーマットで収集、分析、可視化するには、 クエリビルダー をご利用ください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。