• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

SLAレポートのAPI例

New Relic は、 対象となるアカウント の SLA データを永久に保存するため、 New Relic REST API を使用して、任意の期間のサービスレベルアグリーメントレポートを作成することができます。たとえば、12日以上、週、月をさかのぼってSLAレポートを作成することができます。

ヒント

この機能へのアクセスは、お客様の サブスクリプションレベルによって異なります

SLAのためのブラウザ・メトリクス

エンドユーザー 階層 のブラウザメトリクスは、 ブラウザエージェント をインストールした場合にのみ利用可能です。

ブラウザ(エンドユーザー層)

SLAメトリックの名前:値(および計算式)

ページビュー数

エンドユーザー:call_count

ロードタイム秒

エンドユーザー : average_response_time

Apdex

EndUser/Apdex : スコア

満足度

EndUser/Apdex : s÷EndUser : call_count

% Tolerating

EndUser/Apdex : t÷Enduser : call_count

イライラする

EndUser/Apdex : f÷Enduser : call_count

SLAのためのアプリサーバのメトリクス

ここでは、アプリケーションサーバのSLA指標を紹介します。

アプリ<br>ケーション<br>サーバー

SLAメトリックの名前:値(および計算式)

リクエスト数 百万

HttpDispatcher : call_count (適切にスケーリングされた)

応答時間 ms

HttpDispatcher : average_response_time (multiple by 1000)

Apdex

Apdex:スコア

満足度

Apdex : s ÷ Apdex : count

% Tolerating

Apdex : t ÷ Apdex : count

イライラする

Apdex : f ÷ Apdex : count

メトリクス収集のコツ

ここでは、どのメトリクスを収集するかを計画するためのヒントをご紹介します。

SLAのヒント

コメントコメント

要件

cURLコマンドの例を使用する際には、プレースホルダーのテキストを、 アカウントIDAPIキーアプリケーションID に必ず置き換えてください。

タイムレンジ

標準的な日、週、月の時間範囲に限定されるものではありません。例えば、 メトリクスデータを抽出することができます " 休日の週末" 12/23から12/26まで、または"サイトに問題が発生した後の20分間" その他、興味のある期間を抽出することができます。

UTC XMLタイムフォーマット

時刻は UTC XML 形式で指定する必要がありますので、UTC と比較して、お客様の のタイムゾーンを調整してください。例えば、New Relic の本社は UTC-8 であるため、選択したデータの前日の 16:00:00 に開始します。

要約レポート

サマリーレポートで使用するメトリックを要求するときは、例に示すように、クエリ文字列パラメーターsummarize=true (v2)またはsummary=1 (v1)を含めます。

スケーリングされた統計

あなたのレポートには、New Relic のユーザーインターフェース SLA レポートでスケールされているいくつかの統計情報があります。New Relic では、レポートのページビューのスケールを変更して、小さな数字を表示しています。トラフィックにもよりますが、通常は数千、数百万、数十億といった単位で表示されます。

推奨: ゼロの羅列を避けるために、この数字を自分の目的に合わせて適切に分割してください。

エンドユーザー統計

エンドユーザー統計には、エージェントがブラウザデータを収集した通話のみが反映されます。例えば、以下のような状況では、エンドユーザー統計は表示されません。

  • ブラウザタイプ

  • クライアント (JavaScriptエージェントを無効にしていたり、JavaScriptコードの所在を確認するためにNew Relicサイトへのトラフィックをブロックしている可能性がある)

  • 何らかの理由でページの読み込みが完了しなかった場合の、これらのカテゴリーに属さないトランザクション

    これが、 エンドユーザー (ブラウザ)のデータセクションのページビューが、 アプリサーバー のデータセクションよりも少ない(時には何倍も少ない)理由です。

次のセクションには、デフォルトのGMT / UTCタイムゾーンでの日次(24時間)SLA統計について上記の値のデータを取得するためのコード例が含まれています。必要に応じて、時間範囲に合わせてfrom=to=を調整します。

New Relic の REST API v2 と v1 には構文上の違いがあります。 サンプルではそれぞれの使用方法を紹介します。

REST API v2コマンド

REST API v1コマンド(非推奨)

REST API v1は廃止されました。

データを分析

APMには、ユーザーインターフェースにいくつかのレポートが用意されています。ソフトウェアに関するデータを他の形式で収集、分析、視覚化するには、 ダッシュボード を使用します。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.