• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

容量分析レポート

APMのキャパシティ分析レポートでは、アプリのインスタンスが何台稼働していて、どのくらいビジー状態なのかが表示されます。この情報は、アプリがリクエスト負荷をサポートするのに十分なインスタンスを配置しているかどうかを分析するのに役立ちます。また、この情報を利用して、最適なパフォーマンスを得るために構成を微調整することができます。

容量分析レポートは、 Python と Ruby 言語のエージェントでのみ利用できます。

容量分析レポートを見る

アプリの容量分析レポートを表示するには、次のようにします。

  1. one.newrelic.com > APM> (select an app)> Reports> Capacity.
  2. New Relic の標準的な ページ機能 を使って、詳細な情報にドリルダウンすることができます。

レポートには3つのチャートが掲載されています。

容量グラフ

説明

アプリインスタンスのビジー状態

このチャートでは、アプリケーションのインスタンスのビジー状態を、リクエストの処理にかかる時間の割合として表示します。このチャートには、任意の期間の平均、最小、最大のパーセンテージが含まれます。

この情報をもとに、アプリケーションのインスタンス数が適切かどうかを判断します。アプリケーションの使用率が100%に近づくと、リクエストを処理するために、より多くのインスタンスが必要になります。

ホストによるアプリインスタンスの再起動

このグラフは、各時間間隔でのインスタンスの再起動の数を示しています。この情報をもとに、アプリケーションのインスタンスが頻繁に再起動しているかどうかを判断します。

特定のホストのアクティビティを分離するには、チャート下の凡例で他のホストのタイトルを選択して、非表示にしたり、チャートに戻したりします。

または

APM Summary ページの Hosts リストから選択してください。

アプリのインスタンス解析

このグラフは、実行中のインスタンスの総数と、同時実行インスタンス負荷を示しています。同時実行インスタンス負荷は、アプリの負荷を処理するために必要な、完全にビジーなインスタンスの数です。New Relic では、 App instance busy チャートの平均アプリインスタンス値に、実行中のインスタンス数を乗じて算出しています。

Pythonのシングルまたはマルチスレッドアプリ

Python エージェントの場合、キャパシティ分析のレポートは、従来のシングルスレッドまたはマルチスレッドのアプリケーションに対してのみ機能します。これは、New Relic がシステム負荷を計算する方法が、コルーチンベースのシステムには適用されないためです。

従来のシングルまたはマルチスレッドのアプリケーションを使用している場合、Pythonエージェントによって生成されたメトリック情報は、オプションのC拡張コンポーネントがコンパイルおよびインストールできる場合にのみ取得され、レポートされます。geventやeventletのようなコルーチンベースのシステムをWSGIサーバーと組み合わせて使用する場合、容量分析レポートにはエージェントの再起動以外のデータは表示されません。

データを分析

APMには、ユーザーインターフェースにいくつかのレポートが含まれています。ソフトウェアに関するデータを他のフォーマットで収集、分析、可視化するには、 クエリビルダー をご利用ください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。