• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

set_background_task (PythonエージェントAPI)

構文

newrelic.agent.set_background_task(flag=True)

トランザクションを"のバックグラウンドタスクとしてマークします。"

説明

この呼び出しは、トランザクションを「バックグラウンドタスク」として分類します。バックグラウンドタスクとしてマークされたトランザクションは、非WebトランザクションとしてUIに表示されます。この呼び出しを使用して、 Falseパラメーターを渡すことにより、監視対象のバックグラウンドタスクをWebトランザクションとして再分類することもできます。

このAPIは、既存のトランザクションをバックグラウンドタスクのトランザクションとして再分類します。既存のトランザクションがない場合、このコールは機能しません。

"バックグラウンドタスク" の指定は、通常、ウェブ以外のトランザクション(ワーカープロセス、ジョブベースのシステム、またはスタンドアロンのスクリプトなど)に使用されますが、ウェブトランザクションを"バックグラウンドタスク" として指定し、他のアプリケーショントランザクションから分離することもできます。例えば、Apdexスコアや平均応答時間を歪ませている長時間稼働のウェブトランザクションがあるとします。

エージェントは、監視対象のトランザクションを、トランザクションの開始時にWebトランザクションまたはバックグラウンドタスクとして識別します。これは、監視を開始したエントリポイントラッパーのタイプに基づいています。 (Webトランザクションをバックグラウンドタスクとしてマークする代わりに)最初にバックグラウンドタスクを作成するには、 background_taskを使用します。バックグラウンドタスクを作成する方法のチュートリアルについては、「非Webタスク、スクリプト、および関数の監視」を参照してください。

ヒント

また、WSGI環境ディクショナリでバックグラウンドタスクとしてWebトランザクションをマークすることもできます。これを行うには、ターゲットWSGIアプリのWSGIサーバーから渡されるWSGI環境ディクショナリで特定のリクエストのnewrelic.set_background_taskキーを設定します。

パラメーター

パラメータ

説明

flag

ブール値

オプション。デフォルト値はTrueです。代わりに、 Falseを使用してトランザクションをWebトランザクションに分類します。

戻り値

なし。

Webリクエストをバックグラウンドタスクに設定する

ウェブトランザクションを非ウェブのバックグラウンドタスクに設定する例です。

def wsgi_app(environ, start_response):
newrelic.agent.set_background_task()

バックグラウンドタスクのウェブトランザクションへの再分類

場合によっては、代わりにバックグラウンドタスクをWebトランザクションとして分類して、他のアプリケーションWebトランザクションで表示できるようにすることができます。これを行うには、監視対象のバックグラウンドタスクが実行される場所に次の呼び出しを追加します。

import newrelic.agent
newrelic.agent.set_background_task(False)
Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.