• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

PythonエージェントAPIの異なるコールフォーム

いくつかの機能については、New Relic Python エージェント API には同じことを達成するための複数のオプションがあります。例えば、New Relic が監視しているトランザクションの詳細を提供するために関数をトレースすることは、セットアップにもよりますが、理論的には以下の API のいずれかで実現できます。

  • デコレーター 。これは import-time API です。ほとんどのPythonアプリケーションのセットアップでは、これが最も簡単なオプションになります。
  • コンテキストマネージャー 。これは、ランタイムレベルのAPIです。これらのAPIは、関数にカプセル化されていないコードをトレースしたい場合に使用されることがあります。
  • ラッパー ****を使用しています。ラッパーは、デコレーターを使用せずに、ラップされた関数を作成するために使用されます。
  • パスベースのラッパー 。これは、宣言されているコードの外側で関数をラップするために使用されます。例えば、変更したくないライブラリコードをインストルメントするのに使用できます。

これらの4つすべてが可能なPythonエージェントAPIの例については、 function_trace コールエントリを参照してください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.