• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

global_settings (PythonエージェントAPI)

構文

newrelic.agent.global_settings()

このコールは、Pythonエージェントのグローバル設定オブジェクトへの参照を返します。

説明

このコールは、グローバル・エージェント・セッティング・オブジェクトへの参照を返し、それを使って利用可能な設定を変更することができます。返された設定オブジェクトには、ネストされた階層的なオブジェクトが含まれています。設定名は、 エージェント設定ファイル のグローバル設定の名前と一致します。

global_settings オブジェクトには、設定ファイルと環境変数からの設定が含まれています。 application_settings オブジェクトには、 サーバーサイドの設定からの追加の設定変更が含まれています

グローバル設定オブジェクトを使用してグローバル設定を更新した場合、その変更は、Pythonエージェントがその特定のアプリケーションのために コレクター に次回登録されたときにのみ反映されます。

エージェントが初期化される前に にアクセスした場合、グローバル設定にはデフォルトの構成設定に加えて、ユーザ環境変数によるオーバーライドが含まれます。 エージェントの初期化後に にアクセスした場合、グローバル設定には、グローバル設定でもあるエージェントのコンフィグファイルの設定が含まれます(コンフィグファイルに含まれる設定数は、グローバル設定オブジェクトよりも少ないため)。

**## 戻り値グローバルエージェント設定オブジェクトへの参照を返します。## 例### 各種設定の割り当て [#some-settings]以下は、 proxy_hostproxy_portslow_sql.enabledbrowser_monitoring.auto_instrument の設定を割り当てた例です。``` settings = newrelic.agent.global_settings()

settings.proxy_host = 'proxy.intranet' settings.proxy_port = 8888 settings.slow_sql.enabled = False settings.browser_monitoring.auto_instrument = False ### 設定をdictに渡す [#dict]デバッグやロギングの際に、グローバル設定を伝統的なPythonの辞書オブジェクトとして必要とする場合は、結果をdictに渡すことができます。以下にその例を示します。 settings_dict = dict(newrelic.agent.global_settings())

for name, value in settings_dict.items(): print name, value ``` は、その設定のフルドットパスになります。**

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.