• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

capture_request_params (PythonエージェントAPI)

構文

newrelic.agent.capture_request_params(flag=True)

トランザクションのクエリストリングパラメーターの取得を可能にする。

説明

この呼び出しにより、Web トランザクションのクエリ文字列パラメータを 属性としてキャプチャできるようになります。このコレクションは、セキュリティ上の理由からデフォルトでブロックされています。アプリ全体に対してクエリ文字列パラメータの収集を有効にする場合は、 record_sql 構成設定を使用します。

この呼び出しがアクティブな場合、高セキュリティ モードはこの呼び出しをオーバーライドします。その場合、この呼び出しは効果がありません。この呼び出しは、エージェントの構成内の他の関連設定をオーバーライドします。

ヒント

WSGI 環境ディクショナリでクエリ文字列のキャプチャを有効にすることもできます。これを行うには、WSGI サーバーによってターゲット WSGI アプリに渡される WSGI 環境ディクショナリ内の特定のリクエストの newrelic.capture_request_params キーにフラグを立てます。

パラメーター

パラメータ

説明

flag

ブール値

オプション。デフォルトは Trueです。収集を無効にするには、 False を使用します。

戻り値

なし。

クエリ文字列のキャプチャを有効にする

このコールは、クエリ文字列パラメータを収集したいトランザクションに対応するコードのセクションに配置します。

newrelic.agent.capture_request_params()
Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.