• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

add_custom_parameters (PythonエージェントAPI)

構文

newrelic.agent.add_custom_parameters(items)

トランザクションに1つまたは複数のカスタム属性を追加します。

説明

この呼び出しは、1つ以上のカスタム属性トランザクションにアタッチされたキー/値タプル)を記録します。 「カスタム属性」は以前は「カスタムパラメータ」と呼ばれていたため、呼び出し名はadd_custom_parametersです。

トランザクションがエラーに関連付けられている場合、またはそのトランザクションに対してトランザクショントレースが生成されている場合、属性はAPMで検出される可能性があります。属性は、NewRelicUIでも検索および照会できます。

重要

カスタム属性を作成する前に、NRQL で使用されている 予約済みの用語のリストを確認してください

パラメーター

パラメータ

説明

items

リスト

必須項目です。リストの各項目は、最初の要素をキー、2番目の要素を値とするタプルでなければなりません。各キーは属性名を表す文字列で、対応する各値は、この属性の現在のトランザクションに追加する値です。値は int, float, string, boolean のいずれかです。 キーと値の両方で、最初の 255 文字のみが保持されます。

戻り値

すべての属性が正常に追加された場合、 Trueを返します。

バックグラウンドタスクへのカスタムパラメータの追加

バックグラウンドタスクにカスタムパラメータを追加する例:

@newrelic.agent.background_task()
def send_request():
response = requests.get("http://example.com")
newrelic.agent.add_custom_parameters(
[("url_path_status_code", response.status_code)]
)

カスタムパラメータを使用したトラブルシューティング

カスタムパラメータは、パフォーマンスに関する問題のトラブルシューティングにも使用できます。たとえば、memcacheインスタンスのプールからの応答時間が時々遅くなることがありますが、どのインスタンスが問題を引き起こしているのかがわかりません。このような場合は、トランザクションにサーバーを示す属性を追加します。

# Set server_ip to be the current server processing the transaction
newrelic.agent.add_custom_parameters([
("memcache_query_frontend_lookup", "server_ip")
])
Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.