• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

欠落しているCouchbaseメトリクス(.NET)

問題

Couchbaseのアクティビティの一部についてメトリクスやトランザクション・セグメントが表示されますが、すべてではありません。例えば、New Relicの.NETエージェントでは、.NETへのコールを計測していません。

  • Get(string key)
  • GetDocument(string key)
  • 削除 (文字列キー)
  • Remove(string key, ulong cas)
  • Upsert<T> (string key, T value)

解決策

Couchbase SDKには、複数のドキュメントに作用する GetRemoveUpsert のメソッドが含まれています。これらのメソッドは、マルチスレッド・プロセスを使用して、Couchbase SDKの他のパブリック・メソッドを呼び出します。

二重計測を避けるために、New Relic の .NET エージェントは、複数のドキュメントメソッドを自動的に計測します。しかし、エージェントはそれらが呼び出すベースメソッドを自動的に計測することはない。

Couchbaseアクティビティの追加メトリクスやトランザクション・セグメントを表示するには、以下のいずれかのオプションを使用します。

Couchbaseのオプション

コメント

代替手段の使用

Couchbase SDKでは、.NETエージェントによる計測が無効になっていない他のメソッドを使用してください。例えば、 Get(string key)の代わりに、 GetAsync(string key)を使用した場合、その呼び出しはインストルメント化されます。

計装用XMLファイルの編集

アプリケーションでマルチドキュメントメソッドを使用しない場合は

  1. CouchbaseのインスツルメンテーションXMLファイルのメソッドをコメントアウトします。
  2. 現在コメントアウトされているメソッドをコメントバックする。
Copyright © 2022 New Relic株式会社。