• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

Azure Web Apps のトラブルシューティング: Always On の問題

問題

Microsoft Azure Web Appsから New Relic の .NET エージェントをインストールし、Azure のAlways On設定を使用しています。いくらかのトラフィックを生成し、アプリのデータ収集が開始されるまで数分待った後でも、データは APM ユーザー インターフェイスに表示されません。

解決

.NET エージェント バージョン8.22.181.0 以降、エージェントに干渉することなく、Azure のAlways On設定を有効にすることができます。Always Onを使用したい場合は、単にエージェントを更新してください。

.NET Framework 4.0以下のワークアラウンド

アプリケーションが.NET Framework 4.0 以下をターゲットにしている場合、Azure のAlways On設定がエージェントに干渉します。この機能は、Azure のBasicモードとStandardモードでのみ使用できます。

Always On設定により、環境変数APP_POOL_IDが設定されなくなります。New Relic の .NET エージェントは、アプリ名を取得するためにこの環境変数を必要とします。エージェントがアプリケーション名を特定できない場合、エージェントは起動しません。

.NET Framework 4.0以下をご使用の場合は、以下の回避策をお試しください。

Azure Portal で Microsoft のStandardまたはBasicレベルを使用している場合は、 Always On設定が無効になっていることを確認してください。

  1. Azure ポータルで、 (あなたのアプリ)> 設定> アプリケーション設定 を選択します。
  2. Always OnトグルをOffに設定します。

その他のオプションを次に示します。これらが機能しない場合は、 Always On設定をオフにする必要があります。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.