• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

REST API経由でSyntheticsモニターを管理する

Synthetics REST APIを使用して、以下に示すあらゆるタイプのSyntheticsモニターを作成して管理します。ping、シンプルブラウザ、スクリプト化ブラウザ、APIテストモニターREST APIを介して、すべてのSyntheticsモニタリングデータを入手できます。

Synthetics REST APIを使用するには、その機能とユーザーキーを使用できるユーザーロールが必要です。

入手可能なすべてのNew Relic APIの概要については、API入門を参照してください。

機能

Synthetics API(v3)の最新バージョンには、以下の機能が追加されました。

Synthetics API(v3)

機能

POSTリクエストとPUTリクエストのオプションフィールド

SIMPLEBROWSERタイプのモニターのオプションは、UIで使用する場合と同じ要領で指定できます。

PATCHリクエスト

PUT内のモニターエンティティ全体を指定する代わりに、変更するモニターのフィールドのみを更新できます。また、適切なタイプのモニターを使用していることを前提に、OPTIONを指定することもできます。

400 Bad Request(不正なリクエスト)エラーの詳細

Synthetics API v3以降では、検証エラーが発生すると、できるだけ多くの情報が表示されます。これで、リクエストの問題点を特定しやすくなります。以前のAPIバージョンでは、最初にエラーが発生した時点で検証が中断されていましたが、このAPIではすべての検証が実行され、検証に失敗したすべてのエラーが表示されます。

ページ付け

大きなAPIレスポンスには、適切なページ番号付けが施されます。

NRQLクエリを使用して、APIを介して実行した過去の変更を分析することもできます。

APIにおけるモニタータイプ

以下に、モニターのタイプとAPIにおける名称を示します。

モニターのタイプ

API名

Ping

SIMPLE

シンプルブラウザ

BROWSER

スクリプト化ブラウザ

SCRIPT_BROWSER

APIテスト

SCRIPT_API

APIの使用

Synthetics REST APIを使用するには、Syntheticsモニターの管理およびユーザーキーの使用が可能である必要があります(REST APIキーは動作しません)。

このAPIは、すべてのSyntheticsモニターで使用できます。(また、スクリプト化ブラウザ用の追加のAPIメソッドとAPIテストモニターを使用して、これらのモニターに関連付けられたスクリプトを更新することもできます。)APIを介して、すべてのSyntheticsデータを入手できます。APIの例には、cURLコマンドが表示されます。

米国ベースのアカウントの場合、次のエンドポイントを使用します:

https://synthetics.newrelic.com/synthetics/api

EUベースのアカウントの場合、次のエンドポイントを使用します:

https://synthetics.eu.newrelic.com/synthetics/api

注意

Synthetics REST APIでは、アカウントのリクエスト速度が1秒あたり3つのリクエストに制限されます。この閾値を超えて行われたリクエストは、429レスポンスコードを返します。

スクリプト化ブラウザとAPIテストモニター用のスクリプトAPI

汎用APIに加えて、スクリプト化ブラウザ(SCRIPT_BROWSER)とAPIテストブラウザ(SCRIPT_API)用のAPIメソッドがいくつかあります。以下に、cURLコマンドの例を示します。

スクリプト化ブラウザの例

New RelicのREST APIとbashスクリプトを使用して、スクリプト化されたブラウザモニターを作成する例を示します。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.