• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

Nerdgraph チュートリアル: 問題とインシデントのクエリ API

このページは、あなたとあなたのチームが問題やインシデントについてデータを照会し、NerdGraph API を使用して機能を構成する方法を学習する場所です。

主なデータ型はIssue TypeIncident Typeの 2 つです。

問題の種類

New Relic のデータ型の詳細については、こちらをご覧ください。

名前

タイプ

説明

accountIds

[イン!]!

アカウント ID のリスト。問題は、他のアカウントの他の問題と関連付けられる可能性があるためです。

acknowledgedAt

エポックミリ秒

問題が認識された時間。

acknowledgedBy

問題を認識したユーザー。

activatedAt

エポックミリ秒

問題がアクティブ化された時間: createdAt + gracePeriod。

closedAt

エポックミリ秒

問題がクローズされた時間。

closedBy

問題を手動でクローズしたユーザー。

createdAt

エポックミリ秒

問題が作成された時間。

description

[弦!]!

インシデントの説明のリスト。

entityGuids

[エンティティガイド!]

一意のエンティティ識別子のリスト。

entityNames

[弦!]

エンティティ名のリスト。

entityTypes

[弦!]

エンティティ タイプのリスト。

environmentId

[イン!]!

環境について詳しくは、 アラートの概要を参照してください。

eventType

弦!

INCIDENT_ADDEDUSER_ACTIONINCIDENT_CLOSEDなどの問題イベント。

incidentIds

[弦!]

この号のインシデント ID のリスト。場合によっては、問題に数千のインシデントが含まれる場合があります。

isCorrelated

ブール!

True は、他の問題がこの問題に関連していたことを意味します。

isIdle

ブール!

アイドル状態の問題については、ドキュメントを参照してください。

issueId

ID!

問題識別子。

origins

[弦!]!

インシデント、異常、外部などのインシデントの原因のリスト。

priority

優先順位!

問題の優先度。LOWMEDIUMHIGHCRITICALのいずれかです。

sources

[弦!]!

newrelic や external などのインシデントのソースのリスト。

state

問題状態!

問題の状態はCREATEDACTIVATEDDEACTIVATEDCLOSEDのいずれかです。

title

[弦!]!

基になるインシデント タイトルのリスト。

totalIncidents

イント!

基になるインシデントの数。

updatedAt

エポックミリ秒!

問題が最後に更新された時刻。

問題のライフサイクルと状態

アイドル状態の問題:

  • 課題が大きすぎる場合、つまり 5000 件以上のインシデントが含まれている場合、課題はアイドル状態になる可能性があります。
  • アイドル状態の問題は、それ以上のインシデントを受け入れません。
  • アイドル状態の問題は、他の問題と相関しません。

インシデントの種類

フィールド

タイプ

説明

accountIds

このインシデントが保存されているアカウント ID。

closedAt

エポックミリ秒

インシデントがクローズされた時刻。

createdAt

エポックミリ秒

インシデントが作成された時刻。

description

説明は、ポリシー名と条件名から生成されるか、API を介して提供されます。

entityGuids

EntityGuid

一意のエンティティ識別子。

entityNames

エンティティ名。

entityTypes

エンティティ タイプ。

environmentId

イント!

環境について学ぶには、 ドキュメントを参照してください。

incidentId

ID

インシデント識別子。

priority

優先度

インシデント優先度。LOWMEDIUMHIGHCRITICALのいずれかです。

state

インシデント状態。

インシデント状態。CREATEDCLOSEDのいずれかです。

timestamp

エポックミリ秒

インシデント イベントのタイムスタンプ。

title

ユーザーが条件に付けた説明 (提供されている場合)。

updatedAt

エポックミリ秒

インシデントが最後に更新された時刻。

anomalyId

オプション

このインシデントが New Relic の異常に起因する場合は、異常 ID があります。

conditionFamilyId

オプション

条件ID

policyIds

このインシデントを生成したポリシーの ID。

aggregationTags

[KeyValue!]

このインシデントに関連するタグの集約。

問題の一覧表示とフィルター処理

issuesクエリを使用すると、アカウントごとにすべての問題をページ分割できます。また、問題に対するフィルタリング機能も使用できます。

問題イベントの一覧表示とフィルター処理

issuesEventsクエリを使用すると、アカウントごとにすべての問題イベントをページ分割できます。また、問題イベントのフィルタリング機能も使用できます。

インシデントの一覧表示とフィルター処理

incidentsクエリを使用すると、アカウントごとにすべてのインシデントをページ分割できます。また、インシデントごとにいくつかのフィルタリング機能も使用できます。

次の種類のインシデントがサポートされています。

  • NewRelicインシデント
  • 異常インシデント
  • レストインシデント

インシデント イベントの一覧表示とフィルター処理

incidentsEventsクエリを使用すると、アカウントごとにすべてのインシデント イベントをページ分割できます。また、インシデント イベントのフィルタリング機能も使用できます。

問題の機能を構成する

Issues サービスには、いくつかの構成パラメーターがあります。

環境の現在の構成パラメーターを取得するには、 configByEnvironmentクエリを実行できます。

問題を承認または未承認にする

mutationsを使用すると、特定の問題をissueIdで確認または確認解除して解決できます。

  • aiIssuesAckIssue
  • aiIssuesResolveIssue
  • aiIssuesUnackIssue

コマンドラインからの実行

コマンドラインからクエリを実行するには:

1 API キーを取得し、 API キー UIで取得または作成します。

2それをシェルにエクスポートします export API_KEY=my_api_key

3 次の例を実行します。

重要

リクエストには実験的なオプトイン ヘッダーを含める必要があります。そうしないと、次のようなアクセス エラーが発生します。

{"data":{"actor":{"account":{"aiIssues":{"issues":null}}}},"errors":[{"extensions":{"errorClass":"ACCESS_DENIED","nrOnly":{}},"locations":[{"column":70,"line":1}],"message":"You must opt in to using experimental schemas by passing the 'nerd-graph-unsafe-experimental-opt-in: AiIssues' header.\n\nProviding the header indicates that you acknowlege that the field(s) you are querying are subject to breaking changes.\n","path":["actor","account","aiIssues","issues"]}]}%
Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.