• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

脆弱性統合の概要

Common Vulnerabilitie and Exposure (CVE) データをインポートするには、次の 3 つの方法があります。

  • APM エージェント: サービスで使用されるライブラリ内の CVE を自動的に検出します。
  • サード パーティの統合: Dependabot や Snyk などのサード パーティの統合によって検出された CVE を報告します。
  • 当社のセキュリティ データ API : サポートされていないサードパーティまたは独自のソリューションからの CVE データを、当社のセキュリティ API を介して New Relic に直接報告します。

APMエージェント

当社の APM エージェントは CVE を自動的に検出します。

Go agent
Java agent
Node.js agent
Python agent
Ruby agent

CVE 検出範囲はエージェントによって異なります。

エージェント

最小エージェント バージョン

CVE カバレッジ

Java

サポートされているすべてのバージョン

Node.js

サポートされているすべてのバージョン

パッケージ

Ruby

サポートされているすべてのバージョン

宝石

Python

8.0以上

モジュール

Go

3.20以上

モジュール

PHP

サポートされていない

該当なし

.NET

サポートされていない

該当なし

サードパーティの統合

他のセキュリティ ツールから直接 New Relic にデータをインポートします。現在、次のツールをサポートしています。ツールが一覧にない場合は、セキュリティ データ APIを使用してセキュリティ データを送信してください。

セキュリティ データ API

セキュリティ データ API を使用して、データを New Relic に直接送信します。ツール固有の統合が存在しない場合、またはペイロードを New Relic に直接送信することがワークフローに最適な場合に、これを使用します。詳細はこちら.

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.