• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

PHPエージェントの互換性と要件

PHPエージェントをインストールする前に、お使いのシステムがバージョン要件を満たしていることを確認します。

PHPのリリース

次のPHPバージョンがサポートされています。

バージョン

互換性メモ

7.0~7.4

PHPバージョン7.0および7.1のサポートは、2024年6月1日に終了します。

8.0~8.3

PHP 8.xが、PHPエージェントなどのオブザーバビリティ拡張機能を検出すると、ジャストインタイムコンパイルが無効になります。

PHP 8.1以降はファイバーをサポートしていません。

PHPエージェントの互換性

最新のPHPエージェントリリースについては、PHPエージェントリリースノートを参照してください。

  • Zend Thread Safety(ZTS)でコンパイルされたPHPビルドの場合、PHPエージェント9.19またはそれ以前のみがこれらのビルドをサポートします。

  • サポートされていないPHPバージョンまたはプラットフォーム(32ビットOS、FreeBSD、ZTSビルドなど)を使用している場合は、PHPエージェントパッケージの自動更新メカニズムを無効にすることをお勧めします。自動更新を阻止しないと、新しいエージェントバージョンが誤ってインストールされることがあります。新しいバージョンでは、APMデータ収集に不可欠な重要な機能がサポートされなくなり、監視機能が中断される可能性があります。

    自動更新を無効にするには、次の2つのオプションがあります。

    • パッケージアップグレードの除外リストにPHPエージェントパッケージを追加するか、または

    • PHPエージェントパッケージを、サポートされていない古い機能をサポートするエージェントバージョンにピン留めすることもできます(複数可)。影響を受けるPHPエージェントパッケージは次のとおりです

      • newrelic-php5
      • newrelic-php5-common
      • newrelic-daemon

アクセス権限

PHPエージェントをインストールするには、以下に対するルートアクセスが必要です

  • PHP拡張ディレクトリへの読み取り/書き込みアクセス
  • PHP設定ディレクトリ(推奨)またはphp.iniのPHP設定データへの読み取り/書き込みアクセス
  • ウェブサーバーまたはPHPプロセスプールを再起動します

エージェントの実行にはルートアクセスは必要ありません。エージェントには、次のファイルへの読み取り/書き込みアクセスが必要です(これらのファイルの場所はPHPエージェント設定でカスタマイズできます)。

ライセンスキー

New Relic は40文字の16進数の文字列で構成され、サインアップ時にNew Relicから提供されます。詳細については、PHPインストールスクリプトまたはPHP iniファイルのライセンスキー設定を参照してください。

プロセッサ

次のプロセッサーがサポートされています。

  • Intel(および互換)プラットフォーム
  • ARM64

オペレーティングシステム

ベンダーがサポート終了(Ubuntuの標準サポート終了ページなど)を発表した場合、当社ではこれらの最新バージョンのサポートを1年間継続します。ただし、使用しているPHPバージョンが正式にサポートされなくなった場合は、1年未満でサポートが終了する可能性があります。

このため、ベンダーによる正式サポートの最新バージョンのOSを常に使用することをお勧めします。エージェントの最新バージョンは、サポート終了を過ぎたOSバージョンでも動作する可能性がありますが、古いバージョンのPHPエージェントはより長期間にわたってテストまたは正式にサポートされます。

PHPエージェントは、以下の表にリストされているオペレーティングシステムをサポートしています。

オペレーティングシステム

サポート対象のベンダー

互換性メモ

Linux(x86_64)

  • Alpine 3.12以降

  • Amazon Linux 2

  • Red Hat Enterprise Linux(RHEL)7以降

  • CentOS 7以降

  • Debian 9.0("stretch")以降

  • Ubuntu LTS 18.04("Bionic Beaver")以降またはUbuntuの非LTS 21.04("Hirsute Hippo")以降

  • 以下を搭載した、その他のLinuxディストリビューション:

    • Kernelバージョン4.9(長期)以降
    • NPTLのサポートを含むglibc 2.17以降、またはmusl libcバージョン1.1.24以降

Linux(ARM64)

  • Amazon Linux 2(AWS Graviton 2を含む)
  • CentOS 8
  • Alpine 3.16以降
  • Debian 11以降
  • ARM64は、PHPバージョン8.0以降でのみサポートされています。

  • PHPエージェント10.10.0以降は、tarballディストリビューションにバイナリを含めることでARM64のサポートを提供します。

  • PHPエージェント9.18.1~10.9.0ソースディストリビューションは、Amazon Linux 2(AWS Graviton 2を含む)およびCentos 8でのみARM64のサポートを提供します。

    ARM64のサポートとインストレーションの詳細については、ARM64のインストール情報を参照してください。

ウェブサーバー

サポートされているウェブサーバーは次のとおりです。

  • 次を介してApache 2.2または2.4: mod_php
  • PHP-FPMを使用してFastCGIをサポ―トしている任意のウェブサーバー

フレームワーク

サポートされているフレームワークは次のとおりです。

CakePHP 2.x

Magento 1.xおよび2.x、CEおよびEE

CodeIgniter 2.x

MediaWiki

Drupal 6.x、7.x、8.xおよび9.1〜9.5

Slim 2.x、3.xおよび4.x

Joomla 3.x

重要

PHP 8.xでは、Joomla 3.xはサポートされていません。

Symfony 3.x、4.x、5​.x

Laminas 3.x

Wordpress

Laravel 6.x、7.x、8.x、9.xおよび10.x

Lumen 6.x、7.x、8.x、9.xおよび10.x

Zend Framework 1.x、2.xおよび3.x

Yii 1.x

PHPエージェントのフレームワークリストは増え続けています。使用中のフレームワークがこのリストにない場合でも、PHPエージェントはアプリについて役立つ情報を提供できる場合があります。

その他の一般的なPHPフレームワークのサポートを提案する場合は、サポートフォーラムを閲覧し、Feature Ideaを作成してください。詳細については、PHPフレームワーク:New Relicのサポートのインテグレーションを参照してください。

データベースおよびライブラリ

サポートされているデータベースとライブラリは次のとおりです。

Firebird(PDOドライバのみ)

Oracle

Guzzle

PHPUnit

Informix

PDOドライバ

Memcached

Postgres

MongoDB

Predis

Microsoft SQL Server(PDOドライバのみ)

Redis

MySQL

SQLite

ODBC(PDOドライバのみ)

Sybase(PDOドライバのみ)

その他のサードパーティ監視ソフトウェア

アプリケーションが追加の監視ソフトウェアを使用している場合、エージェントが正しく動作することを保証できないため、技術サポートは提供できません。詳細については、その他の監視ソフトウェアを使用中のエラーを参照してください。

インスタンスの詳細

New Relicは様々なデータベースとデータベースドライバのインスタンス詳細を収集します。サポートされているデータベースと拡張機能は次のとおりです。

ホスト情報の収集を無効にするには、newrelic.iniファイルで次のいずれかを設定します。

  • インスタンスのレポートを無効にする newrelic.datastore_tracer.instance_reporting.enabled = false
  • データベース名を省略する newrelic.datastore_tracer.database_name_reporting.enabled = false

現在PHPエージェントにリストされてないデータストアからインスタンスレベルの情報をリクエストするには、support.newrelic.comまでお問い合わせください。

メッセージキューイング

以下はメッセージキューイングをサポートしています。

  • HTTP
  • Laravelのキューイング

セキュリティ要件

標準的な データ収集のセキュリティ対策として、アプリサーバーはSHA-2(256ビット)をサポートしている必要があります。SHA-1はサポートされていません。

New Relic機能のサポート

PHPエージェントは他のNew Relic機能と統合して、エンドツーエンドの可視性を提供します。

製品

インテグレーション

ブラウザのモニタリング

自動インストゥルメンテーションを有効化すると、PHPエージェントは自動的にBrowserエージェントのJSコードを投入します。Browserインジェクションを有効化すると、APMの概要ページでBrowserデータを表示、特定のアプリに対してAPMとBrowserデータ間を素早く切り替えできます。設定オプションと手動インストゥルメンテーションについては、BrowserモニタリングおよびPHPエージェントを参照してください。

Codestream(コードレベルのメトリクス)

New Relic CodeStreamはIDEにオブザーバビリティをもたらし、本番環境でコードがメソッドレベルでどのように機能しているかを表示します。

PHPバージョン7.0~7.4および8.0~8.3では、コードレベルのメトリクスをレポートします(リリース10.4.0以降)。

インフラストラクチャのモニタリング

インフラストラクチャとAPMエージェントを同じホストにインストールすると、それらは自動的にお互いを検出します。その後、APM UIにホストのリストを表示し、Infrastructure UIのAPMアプリ別にホストをフィルタリングできます。詳細については、インフラストラクチャモニターにおけるAPMデータを参照してください。

Logs in Context

PHPエージェントは、Monolog 2および3のライブラリのLogs in context機能をサポートしています。

New Relicのダッシュボード

PHPエージェントは、NRQLクエリを実行するため、デフォルトのイベントと属性を送信します。高度な分析のために、カスタムイベントを記録することもできます。

合成のモニタリング

合成トランザクショントレースは、合成モニターからのリクエストを基盤となるAPMトランザクションに接続します。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.