• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

AWS セキュリティ統合

AWS Security Hub、GuardDuty、および Inspector の調査結果を New Relic にインポートして、脆弱性の単一の統合ビューを実現できます。このプロセスでは、EventBridge を使用して、AWS API 宛先を介して AWS セキュリティ レポート サービスからの調査結果を投稿します。

これらの手順が完了すると、New Relic アカウントの AWS セキュリティ ツールによって検出された新しい脆弱性がリアルタイムで表示され、分析ダッシュボードを構築して、新たに検出された問題に関するアラートを有効にできるようになります。

前提条件

AWS セキュリティ データを New Relic に送信するには:

オプション:

1.API 宛先の作成

  1. AWS UI でEventBridge > Integrations > API destinations > Create API destinationに移動します。
  2. プロンプトに入力します。
  3. 以下のパターンを使用してエンドポイントを構築し、それを API 宛先エンドポイントに入力します。
https://security-ingest-processor.service.newrelic.com/v1/security/webhooks/awssecurityhub?Api-Key=NEW_RELIC_LICENSE_KEY

HTTP メソッドとしてPOSTを選択します。[新しい接続を作成する] を選択します。

2. 新しい接続を作成する

  1. 新しいプロンプトのフィールドに入力します。
  2. [宛先][その他] を選択します。
  3. Authorization typeにはAPI Keyを選択します。
  4. API キー名Api-Keyと入力し、New Relic ライセンス キーのライセンス キーを値として貼り付けます。
Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.