• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

ベースラインレポートを作成する

データを最適化する前に、組織が現在生成しているすべてのテレメトリの概要を把握する必要があります。これを行うには、取り込みデータをアカウント、テレメトリ タイプ、アプリケーションなどのさまざまなグループに分類する必要があります。これを実行すると、レポートをカスタマイズし、さらに詳細な粒度でオプションのダッシュボードをダウンロードしてインストールし、テレメトリを最適化して、組織内のどのグループがどの種類と量のデータに貢献しているかを正確に理解できるようになります。

このチュートリアルでは、組織、アカウント、テレメトリ データの種類に基づいてデータのレポートを生成する方法について説明します。作成したら、アプリケーションの種類、Kubernetes クラスター、インフラストラクチャの統合に基づいてデータの詳細な内訳を作成する方法を学びます。

データ取り込みガバナンスのベースラインダッシュボードをインストールする

これは、ベースラインを作成し、取り込みデータを監視するために使用するダッシュボードです。Overview [概要] タブには、取り込みを監視するのに役立つさまざまなグラフが表示されます。また、ブラウザー データ、APM データ、ログ、トレースなどの特定のテレメトリ タイプの詳細ビューを提供する複数のタブがあります。

レポートを生成するには、テレメトリの最適化を開始する必要があります。以下の手順を使用してダッシュボードをインストールした後、 Baseline Reports [ベースライン レポート] タブを使用する必要があります。

ダッシュボードをインストールするには:

  1. データ取り込みガバナンスのクイックスタートに移動します。
  2. ブラウザ ウィンドウの右上部分にある Install this quickstart [このクイックスタートをインストールする] をクリックします。
  3. 該当する場合は、アカウント スイッチャーでプライマリ アカウントまたはトップレベル アカウントを選択します。
  4. クリック 完了.
  5. クイックスタートのインストールが完了したら、 Data ingest governance baseline [データ取り込みガバナンス ベースライン] ダッシュボードを開きます。

インジェスト対象指標をダッシュボードに追加する

ベースライン ダッシュボードを設定したら、監視するターゲット インジケーターをダッシュボードに追加する必要があります。これらの指標は、ニーズに応じて超えるか下回るかの目標メトリクスを提供することで、取り込みデータの最適化に役立ちます。作成できるターゲットには次のようなものがあります。

  • デイリーレートまたは月間インジェストに関する組織全体の目標。

  • 最適な内訳を確保するためのデータ種類ごとの目標(例えば、ログは1日1TB、メトリクスは1日2TBなど)。

  • 特定のサブアカウントまたはビジネスユニットに対する目標。

    これらのターゲット インジケーターをダッシュボードに追加するには、新しいチャートを完全に作成するか、ダッシュボードに既に存在するチャートを変更します。

    新しいグラフを作成するには:

  1. ベースライン ダッシュボードで、 + Add widget [+ ウィジェットの追加]を選択します。

  2. Add a chart [グラフの追加]を選択します。

  3. チャートが使用する NRQL クエリを入力します。

  4. Run [実行]を選択します。

    たとえば、組織の合計取り込みを月あたり 360 TB 未満にしたい場合は、次の NRQL ステートメントを使用して静的数値 360000SELECT ステートメントに追加することで、しきい値折れ線グラフを追加できます。

    SELECT 360000, rate(sum(GigabytesIngested), 30 day) AS '30 Day Rate' FROM NrConsumption WHERE productLine='DataPlatform' since 30 days ago limit max compare with 1 month ago TIMESERIES 7 days

    既存のグラフを変更するには:

  5. ベースライン ダッシュボードで、変更するグラフの ... を選択します。

  6. [編集]を選択します。

  7. 必要に応じて、チャートが使用する NRQL クエリを変更します。

  8. Run [実行]を選択します。

    たとえば、上記のグラフを作成した後、360000 を 30 で割って 12000 を日次目標数値として使用して、日次取り込み速度目標を作成することを決定できます。これを行うには、次のクエリを使用して Daily ingest rate (compare with 3 months prior) グラフを更新します。

    SELECT 12000, rate(sum(GigabytesIngested), 1 day) AS avgGbIngestTimeseries FROM NrConsumption WHERE productLine='DataPlatform' TIMESERIES AUTO since 9 months ago limit max COMPARE WITH 3 months ago

30 日間の取り込みレポートを生成する

ベースライン ダッシュボードをインストールし、レポートするデータをニーズに合わせて変更したら、適切な量のデータを収集するのに十分な時間が経過した後に、取り込みデータの表形式のレポートを生成できます。これは Baseline report [ベースライン レポート]から実行でき、最も一般的な期間は 30 日です。レポートを生成するには:

  1. 以前にインストールしたデータ取り込みガバナンスベースラインダッシュボードを開きます。

  2. Baseline report [ベースライン レポート] タブを選択します。

  3. Last 30 days [過去 30 日間] テーブルで ... を選択し、 Export as CSV [CSV としてエクスポート]を選択します。

  4. CSV を Google スプレッドシートにインポートするか、選択した別のスプレッドシートにインポートするかを選択します。

    ヒント

    ダッシュボードをインストールしていない場合は、このクエリにアクセスして、 クエリ ビルダーでカスタム グラフを作成することもできます。

    SELECT sum(GigabytesIngested) AS 'gb_ingest_30_day_sum', rate(sum(GigabytesIngested), 1 day) AS 'gb_ingest_daily_rate', derivative(GigabytesIngested, 90 day) as 'gb_ingest_90_day_derivative' FROM NrConsumption WHERE productLine='DataPlatform' since 30 days ago facet consumingAccountName, usageMetric limit max

レポートのカスタマイズ

取り込みレポートを作成した後、さらにカスタマイズを追加できます。組織のニーズに合わせてレポートを調整することをお勧めします。そうすることで、取り込みの最適化を開始する時期が来たときに役立ちます。レポートをカスタマイズするために使用できるフィールドが 2 つあります。

  • 注: 成長の異常と、それに対する考えられる説明に注意してください。
  • 技術連絡先: 特定のアカウントの管理者、または特定のテレメトリ タイプに関係する人の名前。

ベースライン レポートを作成し、必要に応じてカスタマイズしたので、そのレポートを使用して異常を検出することに進むことができます。

次のステップ

ベースライン レポートを使用してテレメトリの異常を発見する方法を学びます。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.