• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

シンプルでスクリプト化されたモニター結果を表示

シンセティック・モニタリングは、シンプルでスクリプト化されたブラウザ・モニター・チェックを自動的に記録し、実行ごとのロードタイムやレスポンスサイズ、各リソースのロードの正確な順序を確認することができます。

Results ページと選択したモニターの詳細ページを使って、以下のことができます。

  • リソースを選択すると、ロードタイミング、レスポンスやリクエストヘッダーなどの詳細が表示されます。
  • これらの詳細は、問題の発見やパフォーマンス問題の診断に使用します。
  • Run は、必要に応じて を再チェックして、単一の失敗した場所や結果を検証します。

ヒント

pingモニターについては、 View ping monitor results を参照してください。

結果を見る

シンプルでスクリプト化されたモニター結果の全リストにアクセスするには、 結果 ページ:

  1. one.newrelic.com > Synthetic monitoring >(モニターを選択) > Resultsに移動します。
  2. 探しているタイプの結果を見つけるには、 リストをソート場所でフィルタリング 。例えば、アイルランドからの異常に速い応答時間を探すには、 Duration (asc) でソートし、 Ireland, EU 以外のすべてのロケーションを無効にします。
  3. ロードタイムやレスポンスサイズの詳細など、特定の時点でのお客様のウェブサイトのパフォーマンスを把握するには、 Results ページの詳細表示をご利用ください。

one.newrelic.com > 合成モニタリング >(モニターを選択) > 結果 > (結果を選択) : ロード時間や合計ロード サイズなど、各モニター チェックの詳細を表示します。

また、 Overview and Failures ページから、シンプルでスクリプト化されたモニターの興味深い結果に直接アクセスすることができます。

あなたがしたい場合は...

これを行う...

ページリソースの詳細について

タイムラインビューを使用します。(APIテストモニターの場合、ページリソースが1つしかない場合があります)

タイムラインビューから、以下のことができます。

  • 各ページのリソースがどのような順番で読み込まれたかを確認できます。
  • 各要素の読み込みにかかった時間を見る。
  • リソースを選択すると、HTTPステータスコード、 タイミング情報 、レスポンスヘッダー、リクエストヘッダーなど、詳細なメトリクスが表示されます。

トランザクショントレースの表示

  1. 表示したいモニターの が合成トランザクショントレース を有効にしていることを確認してください。

  2. one.newrelic.com > Synthetic monitoring >(モニターを選択) > Results > (結果を選択) > View transaction traceに移動します。

    また、トランザクショントレースを選択すると、APMの詳細が表示されます。

単一の失敗した場所や結果を検証する

モニターを選択し、 Run check をクリックします。

スクリプトのログを見る

スクリプトによるブラウザや API のテスト結果には、 スクリプト ログ も含まれており、選択したスクリプトの内容が表示されます。また、 ロギング関数 をスクリプトに含めることで、スクリプトのマイルストーンを手動で記録することもできます。

コンソールログは、スクリプトログの最後にあります。

// ----------------------------------- Console log
Loading website New Relic Docs
Verifying the title Documentation | New Relic Documentation
Verifying an element exists tag name h1
If we got this far: SUCCESS!

モニターのスクリーンショットを見る

シンプルなブラウザーとスクリプト化されたブラウザー モニターは、スクリーンショットを撮ることができます。デフォルトでは、単純なブラウザー モニターとスクリプト化されたブラウザー モニターの両方が、チェックが失敗した場合にのみスクリーンショットを取得します。ただし、スクリプトでスクリーンショットの取得を手動で呼び出すと、スクリプト化されたブラウザー モニターはすべてのチェックでスクリーンショットを取得できます。

ヒント

スクリプトによるブラウザ監視では、最後に撮影したスクリーンショットしか保存されないことに注意してください。

one.newrelic.com > 合成モニタリング >(モニターを選択) > 結果 > (結果を選択)

タイミングの詳細

モニタの種類によっては、モニタ全体のチェック時間が個々のページリクエストの時間よりも長くなることがあります。これは、ブラウザの動作の中には、個別には計測されないものの、全体のチェック時間にはカウントされるものがあるためです。

測定されない行動の例としては、以下のようなものがあります。

  • JavaScriptのインタラクション
  • リソースのプリフェッチと優先順位付け
  • DNSプレリゾルブ
  • TCPプレコネクト
  • ページのプリレンダリング
Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.