• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

故障したモニターの再チェック

シンセティック・モニタリングの再検査を使用して、失敗したモニター検査を再実行することができます。すべての再検査は、1つの場所で直ちに開始されます。これにより、単一の失敗した場所や結果を簡単に確認することができます。

さらに、すべての再チェックデータは、標準のモニターデータポイントと結果として表示されます。これにより、モニターチェックをモニター全体のパフォーマンスと照らし合わせて確認することができます。

故障したモニターの結果を見て再確認する

Run check ボタンは、以下の場合にモニター結果の詳細ページに表示されます。

  • 結果のステータスはFAILEDです。
  • この結果は、過去24時間以内に発生したものです。
  • この結果が発生してから、モニターの編集が行われていません。

故障したモニターの結果を表示し、再確認するため。

  1. one.newrelic.com > 合成モニタリング >(モニターを選択)に移動します。

  2. モニターの Failures のページから、表からリンクを選択してください。

    また

    モニターの Results ページ から、フィルターまたはソートオプションを使用して、 Results を示す場所を選択します。Failed

  3. 失敗したチェックの詳細を確認し、 Run check をクリックします。

  4. 更新された状態を見るには、 See results をクリックしてください。

one.newrelic.com > 合成モニタリング >(モニターを選択) > 失敗 > (チェックの失敗を選択):失敗したモニターチェックの詳細を表示するには、 チェックを実行します

クリックするとcheck を実行すると、New Relic は、結果の場所とモニターの現在の構成を使用して、すぐに再チェックをトリガーします。ジョブが完了すると、ボタンに再チェックのステータス ( SuccessまたはFailure ) が表示されます。再チェック結果ページを再度表示するには、ボタンをもう一度クリックします。

再チェックを実行すると、合成監査イベントもログに記録されます。このイベントは、NRQL を使って 問い合わせることができます。例えば、以下のようになります。

SELECT * from NrAuditEvent
WHERE actionIdentifier = 'synthetics_monitor.re_check_job'
Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.