• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

モニターランタイムの管理

シンプルなブラウザー、スクリプトブラウザー、およびAPIモニターは、モニターの作成時に使用されたランタイム環境で実行されます。これらのランタイムがリリースされたときに、モニターが新しいランタイムに自動的に変換されることはありません。

古いランタイムで実行されているモニターは、新しいランタイム機能を失うため、モニターで使用されているランタイムを理解することが重要です。

その方法をご紹介します。

ヒント

Pingモニターは、ランタイムのバージョンが変わっても影響を受けません。

異なるランタイム環境を使用する

シンセティック・モニタリングのアップグレード履歴の表示

モニターのバージョンアップグレードの履歴を表示するには、 NrAuditEventを照会します。

ランタイムでの環境変数の使用

$env変数のプロパティを使用して、スクリプト化されたモニターをよりコンテキストに対応させます。スクリプトが実行されると、これらのプロパティはランタイム環境に関する重要な情報を表します。

$envは、 $browser }変数や$http変数と同様にすぐに利用できるため、インポートする必要はありません。例えば:

console.log('running in ' + $env.LOCATION);
$browser.get('https://example.com');

$env 財産

タイプ

スクリプト化ブラウザ

スクリプトによるAPIテスト

JOB_ID

実行中のジョブを識別する一意のID( UUIDv4

string

MONITOR_ID

実行中のモニターを識別する一意のID( UUIDv4

string

ACCOUNT_ID

モニターを所有するアカウントを識別する一意のID( number

number

MONITOR_TYPE

このジョブが実行されているモニターの種類

string

API_VERSION

このモニターが使用しているAPIのバージョン

string

LOCATION

このジョブが実行されている場所。例を示します。

  • aws-us-east-1
  • 123-my_location-81D (プライベートロケーションの場合)

string

PROXY_HOST

HTTPトラフィックメトリクスを収集するプロキシ のホスト

string

PROXY_PORT

HTTPトラフィックメトリクスを収集するプロキシ のポート

number

USER_DEFINED_VARIABLES (プライベートロケーション)

ユーザーが指定する設定可能な変数のセット。

containerized private minion (CPM)の構成に関するドキュメントをご覧ください.

string

APIモニターのランタイム依存関係を確認する

ノード 16.10.0 以降ランタイム リリースに伴い、API ランタイムはブラウザ ランタイムとは別に管理されます。これは、非推奨のrequestモジュールではなく、 gotモジュールに基づく最初のスクリプト API ランタイムです。gotモジュールは、 $httpオブジェクトを介してrequest互換フォーマットで公開されています。$httpオブジェクトによって提供されるrequestのようなエクスペリエンスは、ノード 16 以降のスクリプト化された API ランタイムでrequestを直接使用しようとする顧客にも返されます。

APIランタイムは、次の種類のモニターに使用されます。

  • リンク切れモニター
  • 証明書チェックモニター
  • スクリプト化されたAPIモニター

ヒント

モニターのランタイムバージョンがわからない場合は、モニターを編集し、[モニターの構成]タブの[ランタイム]ドロップダウンを確認してください。 runtimeType = 'NODE_API'が存在するSyntheticCheckイベントでruntimeTypeVersion属性をクエリすることもできます。

ブラウザモニターの実行時の依存関係を確認する

Chrome 100ランタイムリリースでは、[ブラウザランタイム](/ docs / synthetics / synthetic-monitoring / using-monitors / new-runtime)はAPIランタイムとは別に管理されます。これは、次世代ランタイムとも呼ばれます。

ブラウザランタイムは、次の種類のモニターに使用されます。

  • スクリプト化されたブラウザモニター
  • シンプルブラウザ モニター
  • ステップモニター

ヒント

モニターのランタイムバージョンがわからない場合は、モニターを編集し、[モニターの構成]タブの[ランタイム]ドロップダウンを確認してください。また、runtimeType='CHROME_BROWSER'であるSyntheticCheckイベントでruntimeTypeVersion属性をクエリすることもできます。

従来のランタイム依存関係を確認する

モニターのバージョンは常にランタイムバージョンと一致し、モニターが実行できる機能を決定します。以下のセクションでは、ランタイムとその使用可能な機能を示します。

ヒント

お使いのモニターのバージョンがわからない場合は、 one.newrelic.com > Synthetics> モニターのアップグレード をご覧ください。 Upgrade monitors オプションは、すでに最新のランタイムバージョンを使用している場合は表示されません。

ここでは、pingを除くすべての モニタタイプ のモニタバージョンの詳細を示します。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.