• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

シンセティック・モニタリングにおけるユーザーの役割

合成監視機能へのアクセスは、ユーザーが新しいユーザーモデルを使用しているか、元のユーザーモデルを使用しているかによって異なります。

ユーザーモデルの説明については、 ユーザーモデル をご覧ください。

新しいユーザーモデルのユーザー

合成監視UIを使用するには、フルプラットフォームユーザーユーザータイプのユーザータイプが必要です。役割と機能の詳細については、「機能」を参照してください。

元のユーザーモデルのユーザー

シンセティック・モニタリングUIを使用するには、 フルプラットフォーム・ユーザー ユーザー・タイプが必要です。

また、デフォルトロールとカスタムロールのどちらを使用しているかによっても、アクセス方法が異なります。

デフォルトアクセス

  • Admins は、アカウントのすべての合成監視機能に完全にアクセスできます。

  • ユーザー は、 セキュアな認証情報 と、モニターの削除、モニターのダウンタイム、プライベートロケーションの機能を除く、すべての合成モニター機能にアクセスできます。

  • 制限付きユーザー オリジナルの製品ベースの価格設定をしているアカウントのユーザーは、以下を除くすべての合成モニタリング機能に閲覧のみのアクセスが可能です。

    • 認証情報の保護
    • プライベートな場所(ただし、NRQLで限られたデータを照会することができる)

    つまり、このロールを持つユーザーは、適切な機能を持つロールが与えられるまで、合成モニタリング機能のすべての作成、編集、および削除機能(およびセキュアな認証情報の表示機能)にアクセスできません。

カスタムアクセス

はじめに、 標準的な手順に従って、カスタムロール を作成します。 ViewEdit の機能を、以下のように任意のロールに追加することができます。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.