• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

クラウド移行:アプリケーションベースラインを作成する

クラウドへの移行にはさまざまな形があります。アプリケーションをデータセンターからクラウドに直接移植する方法(リフト&シフト)を選択する企業もあれば、クラウドならではのメリットを生かすためにアプリケーションを完全に再構築する企業もあります。どのようなアプローチであっても、移行後に答えたい3つの主要な質問があります。

  • アプリケーションが遅くなった?
  • 私のアプリケーションは以前よりも安定していないのでしょうか?
  • 前述の質問のいずれかが原因で、私は顧客を失っているのでしょうか?

これらの質問に答えるには、まずいくつかの基本的なテストを実行して、システムのパフォーマンスと可用性のベースラインを確立します。ベースラインは、アプリケーションの現在のパフォーマンスと可用性の測定値であり、移行後にビジネスケースを検証するための比較として使用します。場合によっては、 移行受け入れテストを実行するときにベースラインを変更することがあります。移行中の比較ポイントとしてベースラインを使用して、順調に進んでいることを確認することもできます。

1.コンポーネントの識別

クラウドへの移行を開始する前に、アプリケーションスタック全体のすべての階層を特定します。移行したいコンポーネント(アプリケーション、サービスなど)をすべてリストアップします。アプリケーションスタックを以下のようにセグメント化します。

  • アプリケーション(バックエンド/マイクロサービス/cronジョブ)
  • メッセージキューなどの依存関係にあるサービス
  • データベース
  • ウェブサイト
  • 基盤となるサーバーとインフラ

ヒント

アプリケーションベースラインの作成を開始する前に、アプリケーションとインスタンスへのアクセス権があることを確認してください。アプリケーション・オーナー、DevOpsエンジニア、プロダクト・マネージャーを巻き込んでアクセスしてください。

2.互換性の判断

移行したいアプリケーションを特定したら、New Relicプラットフォームでどのアプリケーション層を監視するかを確認する必要があります。組織内の関係者と協力して、組織内で可能な、あるいは許可されているインスツルメンテーションの量を決定します。これは重要なステップであり、より多くのインストゥルメンテーションが可能であればあるほど、ベースラインが向上するため、有益なステップとなります。

ここでは、特定したコンポーネントに応じて、ベースライン化に使用するNew Relic製品を紹介します。

3.モニタリングの導入

作成したコンポーネントと製品のマッチングに基づいて、アーキテクチャ全体にエージェントやモニターを展開します。

4.指標の収集

エージェントとモニターを導入した後は、ビジネスにとって最も重要な指標を特定し、これらの指標を使ってKPIを定義します。いくつかの推奨事項をご紹介します。

  • 応答時間: リクエストに応答するのにかかる時間。
  • スループット: アプリケーションを介して入ってきたリクエストの数。
  • リクエストのキューイング(Apache、IIS、NGINX): リクエストがアプリケーションに到達するまでにかかる時間。
  • データベース通話時間: データベース通話を完了するために要した時間。
  • DBコールカウント: アプリケーションコードがデータベースに行ったコールの数。
  • エラー率: 報告されたエラーの割合。
  • Apdexスコア: Webアプリケーションやサービスのレスポンスタイムに対するユーザーの満足度を測る業界標準。
  • DNSの設定タイミング: DNSの接続とデータの受信にかかる時間。
  • SSL setup timing: SSL接続を確立するのにかかる時間です。

これらの指標の一部は、 サービスマップ や、 APMブラウザ まとめ のページに掲載されています。

APM のナビゲート、解釈、使用についての詳細な情報は、New Relic University のチュートリアルをご覧ください。

5.ダッシュボードの設定

KPI を定義したら、それを ダッシュボード で簡単に視覚化することができます。ダッシュボードでは、New Relic 製品が収集したすべてのデータを一箇所で見ることができます。ダッシュボードのデータは イベント で構成されており、各イベントにはイベントタイプ、タイムスタンプ、キーバリュー 属性 があります。

イベントの詳細については、 Data collection および Default events for New Relic products を参照してください。

New Relic では、 データエクスプローラーNRQL クエリ言語 を使って、KPI やビジネス指標のデータを探すことができます。また、 ダッシュボード を構築して、これらの KPI のパフォーマンスを追跡することができます。

移行後、これらのベースラインを 移行受け入れテスト のベースラインと比較します。

専門家のアドバイス

デフォルトの機器では取得できないデータが必要な場合は、カスタムデータを簡単に取得することができます。

また、New Relic University Custom data tutorial series で、APM のカスタムインストルメントについて詳しく学ぶことができます。

Copyright © 2022 New Relic Inc.