• ログイン今すぐ開始

New Relicエクスプローラー:アプリやサービス、ホスト全体でパフォーマンスを表示

デジタルビジネスでは、システムは大規模かつ複雑になり、相互依存の度合いが高まっています。同時に数百のアプリケーションとサービスを実行しており、データを発信している数千の要素をモニターする必要があります。New Relicでは、これらのデータソースエンティティをすべて呼び出します。

New Relicエクスプローラーは、フロントドアの体験を効率的なものとし、フルスタックのソフトウェアを簡単に観察できます。お客様が当社に送信するデータから、可視性を自動的に作成、保持します。New Relicエクスプローラーを使用して、モニターしているすべてのアプリケーションやサービス、ホスト、コンテナ、Syntheticモニターなどからパフォーマンスデータにアクセスし、コンテキストを把握します。問題に関連するエンティティを迅速に確認し、可能性のある根本原因や他のシステムに影響を与える可能性のあるものを明らかにします。お試しになりますか?New Relicアカウントの作成は永久無料です。

重要な理由

New Relicエクスプローラーを使用すると、単なるメトリクスの観察にとどまらず、症状だけでなく、何が起こっているかの根本を理解できます。

  • ソリューション内の各エンティティやアラートステータス、エンティティがどのように接続されているかなど、広範な可視性を得ることができます。
  • すべてのワークロードを表示し、1回のクリックで新たに1つワークロードを作成します。
  • New Relic Navigatorでのシステムの動作を、高いレベルで表示します。
  • New Relic Lookoutで、異常な傾向と動作を迅速に把握します。
  • 関連するエンティティのフィルタリングとグループ化を行い、迅速に問題を掘り下げます。
  • 高速で面倒が少なく、正確なツールを使用して、問題のトラブルシューティングを行います。
  • 改善分野を特定し、変更の計画を作成します。

詳細について次のビデオをご覧ください(わずか45秒です!):

New Relicエクスプローラー使用のショートガイド。

エンティティのパフォーマンスを表示し接続する

one.newrelic.comでNew Relicエクスプローラーにアクセスし、New Relicアカウント全体からエンティティごとに報告されたデータを集約します。以下は、エンティティのカテゴリーになります:

ヒント

新規エンティティタイプを作成し、データソースをモニターできます。エンティティの統合の詳細を参照してください。

エクスプローラーの3つの表示と次の機能を切り替えます:

one.newrelic.com > Explorer:New Relicエクスプローラーを使用して、監視するエンティティを検索して調べます。

  1. リスト。アカウントのすべてのエンティティのリストを表示しフィルタを適用します。このランディングインタフェースを使用して、エンティティの操作とグループ分け、フィルタリングを行います。
  2. New Relic Navigator。エンティティのタイプやタグごとにグループ分けされたすべてのエンティティの高密度の概要を取得します。これを使用して、問題と稼働パターンの概要を検知します。
  3. New Relic Lookout:直近でパフォーマンスの乖離のあるエンティティを発見します。これを使用して、異常な動作を迅速に特定します。
  4. 保存されたビュー。お気に入りのフィルターをビューとして保存し、エクスプローラーに戻るたびにクリックして復元します。
  5. フィルターバー。改善された検索機能を使用して、またANDおよびOR演算子を活用して、1か所で問題のあるエンティティを簡単に掘り下げて検索します。
  6. すべてを把握します。アクセス可能なすべての異なるエンティティタイプは、画面左側の折り畳み可能なサイドバーに表示されます。このサイドバーはインタラクティブで、探索目的で使用します。フィルターバーからフィルターを更新する際、選択したタイプのエンティティのみを表示できます。
  7. モニター対象のエンティティを意味を持つ形でグループ化するために、新規ワークロードを作成します。
  8. データを追加してシステムのより多くの要素のインストゥルメンテーションを行い、Full-Stack Observabilityを実現します。

リスト表示

モニターしているエンティティが、左側の折り畳み可能なメニューに表示されます。全てを表示するには、エンティティリストをスクロールする必要があるかもしれません。

リスト表示には、右側に折り畳み可能なアクティビティストリームもあります。現在フィルタリングを行っている最初の25個のアラートエンティティに関連する、異なる有用なイベントを表示できます。

パフォーマンスの詳細については、エンティティをクリックします。エンティティの概要には、選択したエンティティと、システム内のその他のシティティとの関係も組み込まれます。

New Relic Navigator

New Relic Navigatorを使用して、アラートに基づきステータス信号の色による高密度のハニカム表示でシステム全体を分かりやすく表示する際に、多数のエンティティを簡単に詳しく調べることができます。

New Relic Navigatorを使用して、次のことができます:

  • 環境の稼働状況を、一目で簡単に詳しく把握します。
  • すべてのアカウントに属するすべてのエンティティを表示し、タグでグループ分けされたエンティティの特定のタイプやグループに焦点を当てます。
  • エンティティ全体をグループ化しフィルタを適用し、問題に迅速に焦点を絞ります。
  • エンティティをクリックして、アクティビティやメトリクス、メタデータの簡単な概要を表示します。

New Relic Lookout

New Relic Lookoutは、通常の動作から逸脱しているエンティティを、深刻度を示す色と最近の変化の規模を示すサイズで円形に可視化し、直感的に確認することができます。何も設定する必要はありません:New Relic Lookoutは、5分以内のパフォーマンスと過去1時間のパフォーマンスを自動的に比較します。

New Relic Lookoutを使用して、次のことを行います:

  • エンティティタイプを選択して、スループットやレスポンスタイムのゴールデンシグナル、アカウント全体のエラーを表示します。
  • 関係や異常な履歴、トレース、システム全体でのNew Relicのプロファイルを活用する機能で拡大表示します。
  • 関心のあるエンティティをクリックし、簡単な概要のコンポーネントにアクセスします。

New Relic Lookoutの詳細をご覧ください。

ヒント

カラーパレットを変更し、関心のあるクラスターに重点を置くことができます。

稼働(アラート)ステータスで、システムの状態を理解する

New Relicエクスプローラーでは、エンティティの色分けされた稼働ステータスを確認できます。たとえば、赤色のステータスはCriticalな違反が進行中であることを示しています。

  • アラートステータスの意味を確認するには、ステータスにマウスを合わせます。
  • エンティティのアラートステータスの詳細を確認するには、そのエンティティを選択します。

NRQLアラート条件は特定のエンティティと関連付いていないため、アラートステータスの判別には使用しません。

フィルターバーを使用してエンティティにフィルタを適用する

フィルターバーを使用して、入力する条件に従い表示されるエンティティを選択できます。

  1. 文字および/または数字の文字列(例としては環境)を入力し、名前やIDにこの文字列のあるエンティティを検索します。入力の際、UIは、入力している文字列に関連する項目を提案するので、ドロップダウンからこれらの1つを選択できます。エンティティの名前またはエンティティタイプアカウントID環境タグごとにフィルターを適用することもできます。作成後、選択パラメーターの背景色が青になります。
  2. 文字列を使用してフィルタリングを行う場合、フィルターには=演算子が付きます。
  3. ドロップダウンメニューを使用してフィルタリングを行う場合、検索項目の最初の要素(タグキーや属性)を入力した後、フィルターについて演算子(=!=LIKENOT_LIKEINNOT IN)を1つ選択する必要があります。
  4. 演算子を選択した後、値を選択してフィルタを完了し、検索項目を完了します。

フィルターを追加するには、まず演算子ANDまたはを選択する必要があります。 OR.

  • 結果のリストからエンティティを削除して選択を制限するには、ANDを使用します。また、AND演算子を使用して、たとえばentityType = Services AND location = APACのように、結果のリストで適合する必要のある条件を追加することもできます。

    • エンティティは1つのタイプしか持てず、この条件に一致するエンティティはないため、entityType = Services AND entityType = Hostsは結果を返さないことに注意してください。
  • 選択にエンティティを追加するには、ORを使用します。たとえば、フィルターentityType = Services OR entityType = HostsはタイプがServicesまたはHostsのものにアクセスするすべてのエンティティを返します。

エンティティデータ保持期間

データの可用性は、次の要因により異なります。

範囲

データ保持期間

New Relicエクスプローラーと検索

UIでは、エンティティが存在しなくなった後、8日間データを使用できますが、1つの例外があります。Amazon AWSなどのインテグレーションによって報告されたデータは、エンティティが存在しなくなってから1日間しか利用できません。

当社のデータベース(NRQLクエリ経由でアクセス可能)

当社データベースのクエリ(例:クエリビルダーやデータエクスプローラーを介して)では、可用性はそのデータタイプのデータ保持期間により異なります。

こうした要因が関係することで、短寿命のエンティティ(クラウドホストなど)はエクスプローラーリストあるいは検索で利用できないものの、NRQLクエリ経由であれば依然として利用できる可能性があります。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.