• ログイン

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

iOSエージェントの設定と機能フラグ

New Relic の iOS エージェントは、エージェントのデフォルトの動作を変更するための構成設定を提供します。使用する場合は、呼び出しの直前にこれらのフラグを実装してください。

  • Objective-C: +[NewRelic startWithApplicationToken:]を使用しています。
  • Swift: NewRelic.start(withApplicationToken:)

機能フラグの有効化・無効化

機能フラグを設定するには、 NewRelic.hで定義されている以下のメソッドを使用します。

iOS言語

手順

Objective-C

Objective-Cでは、これらの機能はビットマスクされているので、 | を使って、複数の機能を同時に有効または無効にすることができます。

機能フラグを有効にする。

+[NewRelic enableFeatures:(NRMAFeatureFlags)flags];

機能フラグを無効にする。

+[NewRelic disableFeatures:(NRMAFeatureFlags)flags];

ここでは、その一例をご紹介します。

  • インタラクション・トレーシングと実験的なネットワーク計測が可能です。
  • NSURLSession インスツルメンテーションとクラッシュレポートは無効です。
[NewRelic enableFeatures:NRFeatureFlag_SwiftInteractionTracing | NRFeatureFlag_ExperimentalNetworkingInstrumentation];
[NewRelic disableFeatures:NRFeatureFlag_NSURLSessionInstrumentation | NRFeatureFlag_CrashReporting];
[NewRelic startWithApplicationToken:...];

Swift

機能フラグを有効にする。

NewRelic.enableFeatures(NRMAFeatureFlags.[NRMAFeatureFlag])

機能フラグを無効にする。

NewRelic.disableFeatures(NRMAFeatureFlags.[NRMAFeatureFlag])

インタラクション・トレーシングを無効にする例

NewRelic.disableFeatures(NRMAFeatureFlags.NRFeatureFlag_DefaultInteractions)

クラッシュ&エラーレポート機能のフラグ

使用する場合は、New Relic iOS エージェントの開始コールの前に、必ず機能フラグをコールしてください。

ディストリビューティッド(分散)トレーシング

インタラクション機能のフラグ

使用する場合は、New Relic iOS エージェントの開始コールの前に、必ず機能フラグをコールしてください。

ネットワーク機能フラグ

使用する場合は、New Relic iOS エージェントの開始コールの前に、必ず機能フラグをコールしてください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.