• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページを参照してください。

問題を作成する

モバイルログ

弊社の API を使用して、モバイル アプリのログを New Relic に送信できます。 ログは 1 か所に集められ、分析できるようになります。

ログをキャプチャするためのAPI

APIはiOSとAndroidで利用できます。

重要

モバイル ログ記録に遅延が発生する可能性があることに注意してください。

  • ログが New Relicログタブに表示されるまで最大 15 分かかります。
  • モバイル ログ トグル、サンプリング レート、およびログ レベルの変更がモバイル アプリケーションに反映されるまでに最大 15 分かかります。

ログAPIを使用する場合、エージェントのデバッグ ログを表示する場合にのみ、debug ログレベルを使用する必要があることに注意してください。

iOSエージェント

ログ API を使用するには、以下を追加します。

NewRelic.logError("Encountered error=error=\(error.localizedDescription).")
NewRelic.logWarning("Warning text.")
NewRelic.logInfo("Info text.")
NewRelic.logVerbose("NewRelic.start was called.")
NewRelic.logDebug("Debug text.")
do {
try errorMethod()
} catch {
NewRelic.logErrorObject(error)
}
NewRelic.logAll([
"logLevel": "WARN",
"message": "This is a test message for the New Relic logging system."
])
NewRelic.logAttributes([
"logLevel": "WARN",
"message": "This is a test message for the New Relic logging system.",
"additionalAttribute1": "attribute1",
"additionalAttribute2": "attribute2"
])

Androidエージェント

ログ API を使用するには、以下を追加します。

NewRelic.logInfo(String message)
NewRelic.logWarning(String message)
NewRelic.logDebug(String message)
NewRelic.logVerbose(String message)
NewRelic.logError(String message)
NewRelic.log(LogLevel logLevel, String message)
NewRelic.logThrowable(LogLevel logLevel, String message, Throwable throwable)
NewRelic.logAttributes(Map<String, Object> attributes)
NewRelic.logAll(Throwable throwable, Map<String, Object> attributes)

モバイルログを有効にする

デフォルトでは、モバイル エージェントはログを収集しません。 モバイル ログを有効にするには:

  1. one.newrelic.com > All capabilities

    に移動します。

  2. Mobile

    をクリックします。

  3. モバイルアプリをクリックします。

  4. 左側のペインの

    Settings

    の下で、

    Application

    をクリックします。

  5. Mobile Logs [モバイル ログを]オンに切り替えます。

  6. クリック 保存.

ログを設定する

モバイル ログのサンプリング レートまたはログレベルを構成するには:

  1. New Relic で、モバイル アプリに移動します。

  2. 左側のペインの

    Settings

    の下で、

    Application

    をクリックします。

  3. サンプル レートを変更するには、 Sample rate of total sessions [合計セッションのサンプル レート]の下のフィールドで新しい値を選択します。

  4. ログ レベルを変更するには、Logs verbosity [ログの詳細度]の下のドロップダウンで希望のログ レベルを選択します。 デバッグ ログレベルは、エージェント デバッグ ログを表示する場合にのみ使用してください。

New Relicでログを表示する

ログを表示するには、New Relic UI で続行します。

  1. モバイル アプリに移動します。

  2. 左ペインのTriage [トリアージ]の下で、

    Logs

    をクリックします。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.