• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Androidエージェントの設定と機能フラグ

Androidエージェントでは、エージェントのデフォルトの動作を変更するための設定項目が用意されています。モバイルカスタムデータタイプの説明については、 モバイルモニタリングにカスタムデータを追加する を参照してください。

構成設定の変更

エージェントを呼び出すための呼び出しを含むすべての設定は、 MainActivityクラスのonCreateメソッドで呼び出されます。設定を変更するには、次の2つの方法のいずれかで設定を呼び出します(設定でサポートされている場合)。

  • それぞれの条件に合わせて、独自のラインで設定を変更します。

    NewRelic.disableFeature(FeatureFlag.DefaultInteractions);
    NewRelic.enableFeature(FeatureFlag.CrashReporting);
    NewRelic.withApplicationToken(<NEW_RELIC_TOKEN>).start(this.getApplication());

    また

  • .withメソッドを使用して、エージェント開始呼び出しの一部として設定を変更します。

    NewRelic.withApplicationToken(<NEW_RELIC_TOKEN>)
            .withDefaultInteractions(false)
            .withCrashReportingEnabled(true)
            .start(this.getApplication());

アナリティクス設定

アプリケーションの設定

クラッシュ&エラーレポート設定

ディストリビューティッド(分散)トレーシング

インタラクション設定

ネットワーク設定

ロギング設定

データエンドポイントの設定

アプリの起動時間設定

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.