• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

Kubernetesのイベント統合

New Relic Kubernetesイベント統合は、Kubernetesクラスターで発生するイベントを監視し、それらのイベントをNewRelicに送信します。イベントデータを視覚化するには、 Kubernetesクラスターエクスプローラーを使用するか、インフラストラクチャイベントUIを使用します。

インストール

ガイド付きインストールを使用する場合、またはHelm を介してインストールする場合の両方で、Kubernetes イベント統合がデフォルトでインストールされます。

あなたのKubernetesイベントを見る

Kubernetes イベント統合を正常にインストールしたら、New Relic でイベントを表示およびクエリできます。

ダッシュボードにイベントを追加するには:

  1. 新規または既存のダッシュボード にチャートを追加したり、New Relic クエリビルダー を使ってチャートを作成したりします。

  2. グラフを作成または更新するときは、グラフ タイプのテーブルを選択し、次のイベント クエリを使用して、 YOUR_CLUSTER_NAMEをクラスターの名前に置き換えます。

    FROM InfrastructureEvent SELECT
    event.involvedObject.kind, event.involvedObject.name, event.reason,event.message
    WHERE clusterName = 'YOUR_CLUSTER_NAME' limit 100

イベント検索

ここでは、 データを照会するためのいくつかの例を紹介します。:

属性名の取得

すべての属性名を見るには、次のようなクエリを使用します。

FROM InfrastructureEvent SELECT keyset() WHERE category = 'kubernetes'

イベントの詳細を見る

クラスター内の最新のイベントの詳細を表示するには、次のクエリを使用して、 YOUR_CLUSTER_NAMEをクラスターの名前に置き換えます。

FROM InfrastructureEvent SELECT event.involvedObject.kind,
event.involvedObject.name, event.type, event.message, event.reason WHERE
category = 'kubernetes' AND clusterName = 'YOUR_CLUSTER_NAME'

New Relic が収集するイベントは、Kubernetes が与える属性と全く同じものになります。これらの属性の参照については、 Kubernetes event v1 core documentation をご参照ください。

New Relicでのイベント検索

インフラストラクチャ UI でイベントを検索するには:

  1. イベント ページに移動しますone.newrelic.com > All capabilities > Infrastructure > Eventsに移動します。

  2. カテゴリー で、 kubernetes を選択します。

  3. 使用

    特定のイベントを 検索するには、Search events [イベントを検索] フィールドを使用します。特定のイベント セットに焦点を当てるには、フィルター セットを選択または変更します。

Kubernetesクラスタエクスプローラでのイベント表示

Kubernetesのクラスタエクスプローラでイベントを表示するには、以下のいずれかの方法を使用します。

続いて、ポッドの詳細を表示する。

  1. Kubernetesクラスタエクスプローラで、ポッドを選択します。
  2. Select Show pod events.

オプションです。イベントコレクターのメトリクスを収集する

イベントコレクター自体のメトリックデータを収集するには、New Relic Prometheus エージェント統合をインストールします。開始するには:

  1. New Relic Prometheus エージェント統合をインストールします。
  2. Kubernetesイベント統合のデプロイに、設定済みのスクレイプラベルでラベルを付けます(デフォルトはprometheus.io/scrape=true )。

オプションカスタム属性の定義

統合によって送信されるイベントにカスタム属性を追加するには、これらをcustomAttributesマップの下のvalues.yamlで指定する必要があります。

たとえば、値devの属性environmentをすべてのイベントに追加するには、以下をvalues.yamlに追加します。

nri-kube-events:
customAttributes:
environment: dev

グローバルに設定することで、他のすべてのkubernetes統合に他のカスタム属性をグローバルに追加できます。

global:
customAttributes:
environment: dev

トラブルシューティング

ここでは、Kubernetesのイベント統合を使用する際のトラブルシューティングのヒントを紹介します。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.