• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

New RelicのPrometheus Metric Dataに送信

このページには、New RelicのPrometheusインテグレーションのオプションとその仕組みの概要が記載されています。このページにある情報は、御社独自のビジネスニーズに最適のオプションから選択するのに役立ちます。

OpenMetrics、Prometheusエージェントまたはリモート書き込みインテグレーション?

現在、New RelicにPrometheusメトリクスを送信する3つの代替手段を提供しています。

Prometheusサーバーをすでにお持ちの場合、リモート書き込みインテグレーションを開始することをお勧めします。それ以外の場合は、必要に応じて、Kubernetes用のPrometheusエージェントDocker用のPrometheus OpenMetricsインテグレーションのいずれかを選択できます。

以下の各オプションについて、利点、リマインダー、推奨事項を確認します。

選択したオプションに関係なく、Prometheusとのインテグレーションにより:

  • New RelicのPrometheusのAPIを介して、Grafanaまたはその他のクエリツールを使用できます。
  • より微妙なセキュリティとユーザー管理オプションを利用できます。
  • New Relicのデータベースは、すべてのPrometheusメトリクスの一元化された長期データストアであり、すべてのデータを1か所で監視できます。
  • New Relicでサポートされているクエリを実行してスケーリングできます。

Kubernetes用のPrometheusエージェント

New RelicのPrometheusエージェントを使用すると、KubernetesクラスタからPrometheusメトリクスを簡単に抽出できます。サービスディスカバリーとKubernetesラベルを活用することで、最も一般的なワークロードのメトリクス、ダッシュボード、に即座にアクセスできます。

次の2つのモードでPrometheusエージェントをインストールできます。

  • Kubernetesインテグレーションと並行:Prometheusエージェントは、Kubernetesインテグレーションと一緒に自動的にインストールされます。
  • スタンドアロン:Kubernetesクラスタをモニタリングせずに、そこで実行されているワークロードをモニタリングする場合、単一のHelmコマンドを実行するだけでPrometheusエージェントを簡単にデプロイできます。Prometheusエージェントのみを使用している場合、Prometheusメトリクスには、クラスタ、ポッド、コンテナ名などのKubernetesタグは表示されません。

このインテグレーションにより、以下ができます。

  • 最も一般的なワークロードから自動的にインサイトを取得します。事前定義された一連のダッシュボードとアラートを活用します。
  • サービスディスカバリーを活用して、デプロイされた新しいサービスを自動的に監視します。
  • New Relic UIでこのデータのクエリを行い可視化する。
  • 水平シャーディングまたは垂直シャーディングを使用して、大きなクラスタを監視します。
  • Prometheusシャードの健全性と、取り込まれたメトリクスのカーディナリティを監視します。
  • さまざまな抽出間隔メトリクスフィルターラベル管理をサポートすることで、データの取り込みを完全に制御します。

Docker用のPrometheus OpenMetricsインテグレーション

New RelicのDocker用のPrometheus OpenMetricsインテグレーションを使用すると、Prometheusエンドポイントを抽出し、データをNew Relicに送信し、重要なメトリクスを1つのプラットフォームに保存して可視化できます。

このインテグレーションにより、以下ができます。

  • エンドポイントの静的リストを自動的に識別する。
  • ビジネスにとって重要なメトリックスを収集する。
  • New Relic UIでこのデータのクエリを行い可視化する。
  • Grafanaダッシュボードを接続する(オプション)。

Kubernetes OpenMetricsダッシュボード

間接費を減らしデータを拡張

テレメトリデータとともに、あらゆるソースからメトリクスデータを収集し分析と可視化を行うので、1か所で問題の相互の関連を分析できます。Prometheusのようなオープンソースツールのためのすぐに使えるインテグレーションにより、簡単に作業を開始でき、システムのホストや運用、管理、追加のモニターのコストと複雑さがなくなります。

Prometheus OpenMetricsインテグレーションはすべてのデータを1か所に集め、New RelicはPrometheusからのメトリクスを保存します。インテグレーションにより、ストレージ管理の間接費が減り、Prometheusサーバーの可用性が高まります。

Prometheusと別のダッシュボードツールの管理の面倒さなしで、データを拡張する方法の詳細については、New RelicのPrometheus OpenMetricsインテグレーションのブログ投稿をご覧ください。

Prometheusリモート書込みインテグレーション

PrometheusエンドポイントからデータをスクレイピングするPrometheusエージェントおよびDocker OpenMetricsインテグレーションとは異なり、リモート書き込みインテグレーションでは、テレメトリデータを既存のPrometheusサーバーからNew Relicに転送できます。生データやクエリ、ダッシュボードなど、セットアップと管理のためのすべてのオプションを使用できます。

データを拡張し迅速に移動

Prometheusリモート書込みインテグレーションにより、以下ができます。

  • 単一のプラットフォームに重要なメトリクスを保存、可視化。
  • ソフトウェアスタック全体でデータをまとめてグループ化。
  • ソフトウェアスタックや動作についてのデータとモニターしている結果との関係の完全につながったビューを表示。
  • Grafanaダッシュボードを接続する(オプション)。

Prometheusリモート書込みダッシュボード。

使用方法

New Relicのサインアップは迅速で無料です — クレジットカードの番号をうかがうこともありません。ログイン後、次のいくつかの簡単なステップでデータフローを行います。

セットアップ文書を読む
Prometheusデータを追加する

次のステップ

移行の準備が整った場合推奨される次のステップは以下のとおりです。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.