• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、 を参照してください。

問題を作成する

チュートリアルKubernetes上で動作するRedisの監視

ヒント

このチュートリアルは、 Kubernetes integration v3 Helmを使ってインストールした場合に適用されます。 。v2でHelmを使って行う方法については、 このセクション を確認してください。プレーンなマニフェストの上でサービスを構成する方法を確認するには、 この別のページ をチェックしてください。

Kubernetes上で動作しているサービスがあり、それが当社がサポートしている のサービスである場合、Kubernetesインテグレーションのconfigにそのインテグレーション用の設定セクションを追加することで、そのサービスのモニタリングを有効にすることができます。

このチュートリアルでは、KubernetesのPHP Guestbook上で動作するRedisサービスのモニタリングを有効にする方法を紹介します。一般的な手順については、 Monitor a Kubernetes-running service を参照してください。

何が必要

ステップ1:Redisアプリケーションの例を設定する

このチュートリアルは、Kubernetesのチュートリアル Deploying a PHP Guestbook application with Redis をベースにしています。Kubernetesのチュートリアルを飛ばして、以下のコマンドを実行して、チュートリアルに必要なアプリケーションを設定します。

bash
$
kubectl create -f https://raw.githubusercontent.com/kubernetes/examples/master/guestbook/all-in-one/guestbook-all-in-one.yaml

Kubernetesチュートリアルを最初に完了したい場合は、チュートリアルの指示に従いますが、「クリーンアップ」セクションの指示には従わないでください。

ステップ2:Redisインスタンスの監視を有効にする

PHP ゲストブック アプリケーションには、1 つのマスター インスタンスと 2 つのレプリカ インスタンスの 3 つの Redis インスタンスがあります。各インスタンスは、 app=redisのラベルでタグ付けされます。この例では、 Redis モニタリング統合を使用しています。Redis のマスター インスタンスとレプリカ インスタンスの両方を監視できるため、それらを区別する必要はありません。

  1. Helm チャートvalues-newrelic.yaml YAML ファイルで、 newrelic-infrastructure.integrationsセクションを更新する必要があります。統合構成のリストから、Redis 統合 YAML を取得し、それを Kubernetes 構成に追加します。Redis 固有の構成は、 redis-config.yml:キーの下に含まれています。

    newrelic-infrastructure:
    integrations:
    redis-config.yml:
    # Run auto discovery to find pods with label "app=redis"
    # https://docs.newrelic.com/docs/integrations/host-integrations/installation/container-auto-discovery
    discovery:
    command:
    # Run discovery for Kubernetes. Use the following optional arguments:
    # --namespaces: Comma separated list of namespaces to discover pods on
    # --tls: Use secure (TLS) connection
    # --port: Port used to connect to the kubelet. Default is 10255
    exec: /var/db/newrelic-infra/nri-discovery-kubernetes --tls --port 10250
    match:
    label.app: redis
    integrations:
    - name: nri-redis
    env:
    # using the discovered IP as the hostname address
    HOSTNAME: ${discovery.ip}
    PORT: 6379
    KEYS: '{"0":["<KEY_1>"],"1":["<KEY_2>"]}'
    labels:
    env: production
  2. 更新したサービスをデプロイする。

    bash
    $
    helm upgrade --install newrelic newrelic/nri-bundle \
    >
    --namespace newrelic --create-namespace \
    >
    -f values-newrelic.yaml \
    >
    --devel

    監視するサービスと同じノードでスケジュールされているnrk8s-kubelet Pod のログで、次を確認できるはずです。

    bash
    $
    kubectl logs -n newrelic newrelic-nrk8s-kubelet-xxxxx agent
    time="2019-12-23T17:37:07Z" level=info msg="Integration health check starting" instance=redis-metrics integration=com.newrelic.redis prefix=integration/com.newrelic.redis working-dir=/var/db/newrelic-infra/newrelic-integrations
    time="2019-12-23T17:37:07Z" level=info msg="Integration health check finished with success" instance=redis-metrics integration=com.newrelic.redis prefix=integration/com.newrelic.redis working-dir=/var/db/newrelic-infra/newrelic-integrations

エラーがなければ、インフラストラクチャ UI に Redis データが表示されます。Redis ダッシュボードを見つけるには、 one.newrelic.com > Infrastructure > Third party servicesに移動し、 Redisダッシュボードを選択します。

Kubernetes上で動作するサービスを監視する一般的な手順については、設定方法の詳細を含め、 Monitor a Kubernetes-running service を参照してください。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.