• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

プロキシによるKubernetesの設定

プロキシを使用して Kubernetes 統合を実行している場合は、プロキシで正しく動作するように各コンポーネント (インフラストラクチャ エージェント、ロギング、およびシンセティック ミニオン) を構成する必要があります。

プロキシを使ったインフラストラクチャエージェントのインストール

プロキシは、 global.proxy設定オプションを設定し、すべてのkubernetes統合を同時に設定することで設定できます。グローバル構成は、 nri-bundlevalues.yamlファイルを変更することによって依存関係と共有されます。

global.proxy: https://user:password@hostname:port

これにより、すべてのインフラストラクチャ エージェント、Kubernetes 統合、メトリクス アダプター、および Prometheus エージェントが同時に構成されます。

重要

Kubernetes インフラストラクチャ オペレーターでは、プロキシはまだサポートされていません。

プロキシによるロギング設定

ログ転送に Kubernetes プラグインを使用している場合は、 次の手順に従ってプロキシを使用するようにプラグインを構成できます。

シンセティック・ミニオンがプロキシを使用するように設定する

合成ミニオンのプロキシを設定する方法については、このREADMEを確認してください。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.