• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、 を参照してください。

問題を作成する

データ取り込みを減らす

データ取り込みを減らす

当社のグラフは、粒度を犠牲にして取り込まれるデータの量を減らすオプションの設定をサポートしています。有効にするには、 nri-bundleチャートでglobal.lowDataModetrueに設定します。

lowDataMode 以下に概説するnri-bundleチャートの4つの特定のコンポーネントに影響します。

New Relicのインフラ

lowDataModeが有効になっている場合、デフォルトのスクレイプ間隔は15sから30sに変更されます。 config.intervalを使用してカスタム値を指定することもできます。これはlowDataModeよりも優先されます。

Prometheus エージェントの統合

lowDataModeが有効になっている場合、次のプレフィックスが付いたメトリクスは、 New Relic Kubernetes Integrationによって既に収集および使用されているため、デフォルトで除外されます。

- kube_
- container_
- machine_
- cadvisor_

New Relic のロギング

lowDataMode が有効な場合、ラベルとアノテーションは New Relic に転送されるログに含まれません。これにより、New Relic へのデータ取り込み全体が削減されます。

次のフィールドが保持されます: cluster_namecontainer_namenamespace_namepod_namestreammessage 、および log

ローデータモードのログ例

次のログ レコードには、 New Relic Logs Kubernetes プラグインによって通常キャプチャされるすべての属性が含まれています。

[
{
"cluster_name": "api-test",
"kubernetes": {
"annotations": {
"kubernetes.io/psp": "eks.privileged"
},
"container_hash": "fryckbos/test@sha256:5b098eaf3c7d5b3585eb10cebee63665b6208bea31ef31a3f0856c5ffdda644b",
"container_image": "fryckbos/test:latest",
"container_name": "newrelic-logging",
"docker_id": "134e1daf63761baa15e035b08b7aea04518a0f0e50af4215131a50c6a379a072",
"host": "ip-192-168-17-123.ec2.internal",
"labels": {
"app": "newrelic-logging",
"app.kubernetes.io/name": "newrelic-logging",
"controller-revision-hash": "84db95db86",
"pod-template-generation": "1",
"release": "nri-bundle"
},
"namespace_name": "nrlogs",
"pod_id": "54556e3e-719c-46b5-af69-020b75d69bf1",
"pod_name": "nri-bundle-newrelic-logging-jxnbj"
},
"message": "[2021/09/14 12:30:49] [ info] [engine] started (pid=1)\n",
"plugin": {
"source": "kubernetes",
"type": "fluent-bit",
"version": "1.8.1"
},
"stream": "stderr",
"time": "2021-09-14T12:30:49.138824971Z",
"timestamp": 1631622649138
}
]

lowDataModeを有効にした後の前のログ レコードは次のようになります。

[
{
"cluster_name": "api-test",
"container_name": "newrelic-logging",
"namespace_name": "nrlogs",
"pod_name": "nri-bundle-newrelic-logging-jxnbj",
"message": "[2021/09/14 12:30:49] [ info] [engine] started (pid=1)\n",
"stream": "stderr",
"timestamp": 1631622649138
}
]

New Relic Pixieの統合

lowDataModeが有効になっている場合、 newrelic-pixie統合はPixieスパンでより重いサンプリングを実行し、収集間隔を10秒から15秒に短縮します。

lowDataMode 設定:

HTTP_SPAN_LIMIT: 750
DB_SPAN_LIMIT: 250
COLLECT_INTERVAL_SEC: 15

これらのパラメータやその他のパラメータのデフォルト設定は、 newrelic-pixie-integration Github repoにあります。

New Relic の kubernetes 統合を最大限に活用するには、無料の New Relic アカウントが必要です。まだ作成していない場合は、以下で作成して、今すぐデータの監視を開始してください。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.