• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

Prometheusのデータを閲覧・照会することができます。

Prometheus OpenMetricsやNew Relicとのリモートライト統合で収集したメトリクスをクエリして可視化するには、 NRQL を使用することができます。また、 PromQL スタイルのクエリを NRQL に変換するには、Grafana または クエリビルダ を使用します。

Docker と Kubernetes のすべての指標は、 Metricタイプに保存されます。

OpenMetricsインテグレーションのデフォルト属性

デフォルトでは、DockerとKubernetesの統合のためのすべてのメトリクスに以下の属性が追加されます。

デフォルトの属性
(すべての統合機能)

説明

clusterName

スクレーパーの構成で提供されたクラスターの名前。

integrationName

この統合の名前 ( nri-prometheus )。

integrationVersion

統合のバージョン。たとえば、 0.2.0です。

metricName

メトリック自体の名前です。

nrMetricType

New Relic Metricタイプのタイプ。たとえば、 Gaugesです。

promMetricType

Prometheusのメトリックのタイプ

scrapedEndpoint

スクレイピングされるエンドポイントのURLです。

img-integration-k8.png

Kubernetes: スクレーパーがKubernetesで実行されている場合、NewRelicはすべてのメトリックに次の属性も追加します。

Kubernetesの追加属性

説明

deploymentName

ポッドをスクレイピングする場合のデプロイメントの名前。

label

スクレイピングされるオブジェクトの Kubernetes ラベル。先頭に"label"が付きます。

namespaceName

ネームスペースの名前。

nodeName

スクレイピングされるポッドが実行されているノードの名前(該当する場合)。

podName

スクラップされるポッドの名前(該当する場合)。

serviceName

スクラップされるサービスの名称(該当する場合

リモート・ライト・インテグレーションのデフォルト属性

デフォルトでは、以下の属性がPrometheusのリモートライトメトリクスに追加されます。

デフォルトの属性
(すべての統合機能)

説明

prometheus_server

Prometheusのリモート書き込みURLパラメータとして指定されたユーザー提供のラベル。問い合わせ時にPrometheusのソースサーバーを区別するため、提供される値は一意でなければなりません。デフォルトでは指定されていません。

newrelic.source

New Relic 取り込みポイントの名前 ( prometheusAPI )。

instrumentation.provider

prometheus

instrumentation.name

remote-write

instrumentation.source

prometheus_serverの値と一致する Prometheus データのソースのユーザー指定の識別子。

instrumentation.version

リモート書き込み API のバージョンを識別するために使用されます。例えば、 0.0.1.

NRQL クエリの例

ビルド・クエリ の場合、メトリクス、エンティティ、および属性の間にはリンクがないことに注意してください。以下の NRQL クエリを使用して、どのメトリクスが利用可能で、どの属性がこれらのメトリクスに存在するかを調べます。

クエリの作成

メトリック名と属性 を使って、データを照会することができます。ファセット、時系列、および時間選択の詳細については、 NRQL ドキュメント を参照してください。

PromQL スタイルのクエリを作成するには、サポートされている PromQL 機能に関するドキュメントを参照してください。

New Relicでデータを見る

データを照会すると、その結果を New Relic の UI で見ることができます。また、データをチャートやヒストグラムなどで視覚化することもできます。

Prometheus 統合のデータの NRQL クエリ結果を表示するには、 one.newrelic.com > All capabilities > Query your dataに移動します。詳細については、 クエリ ビルダーのドキュメントを参照してください。

ヒストグラムの作成とパーセンタイルの計算

Prometheus リモート書き込みまたはバージョン2.0.0以降の Prometheus OpenMetrics Integration (POMI) を使用して、ヒストグラムを生成し、データからパーセンタイルを計算できます。Prometheus ヒストグラムの場合、バケット<basename>_bucket{le="42"}がメトリック<basename>_bucketとして送信され、ディメンションは{histogram.bucket.le="42"}になります。

NRQL には、リモート書き込みまたは Prometheus OpenMetrics Integration (バージョン2.0.0以降) を介して取り込まれた Prometheus ヒストグラムで機能する 2 つの関数があります。bucketPercentile() 、およびhistogram() 。リンクにはクエリの例が含まれています。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.