• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Prometheusのデータを閲覧・照会することができます。

Prometheus OpenMetricsやNew Relicとのリモートライト統合で収集したメトリクスをクエリして可視化するには、 NRQL を使用することができます。また、 PromQL スタイルのクエリを NRQL に変換するには、Grafana または クエリビルダ を使用します。

Docker と Kubernetes のすべての指標は、 Metricタイプに保存されます。

OpenMetricsインテグレーションのデフォルト属性

デフォルトでは、DockerとKubernetesの統合のためのすべてのメトリクスに以下の属性が追加されます。

デフォルトの属性
(すべての統合機能)

説明

clusterName

スクレーパーの構成で提供されたクラスターの名前。

integrationName

この統合の名前 ( nri-prometheus )。

integrationVersion

統合のバージョン。たとえば、 0.2.0です。

metricName

メトリック自体の名前です。

nrMetricType

New Relic Metricタイプのタイプ。たとえば、 Gaugesです。

promMetricType

Prometheusのメトリックのタイプ

scrapedEndpoint

スクレイピングされるエンドポイントのURLです。

img-integration-k8.png

Kubernetes: スクレーパーがKubernetesで実行されている場合、NewRelicはすべてのメトリックに次の属性も追加します。

Kubernetesの追加属性

説明

deploymentName

ポッドをスクレイピングする場合のデプロイメントの名前。

label

スクレイピングされるオブジェクトの Kubernetes ラベル。先頭に"label"が付きます。

namespaceName

ネームスペースの名前。

nodeName

スクレイピングされるポッドが実行されているノードの名前(該当する場合)。

podName

スクラップされるポッドの名前(該当する場合)。

serviceName

スクラップされるサービスの名称(該当する場合

リモート・ライト・インテグレーションのデフォルト属性

デフォルトでは、以下の属性がPrometheusのリモートライトメトリクスに追加されます。

デフォルトの属性
(すべての統合機能)

説明

prometheus_server

Prometheusのリモート書き込みURLパラメータとして指定されたユーザー提供のラベル。問い合わせ時にPrometheusのソースサーバーを区別するため、提供される値は一意でなければなりません。デフォルトでは指定されていません。

newrelic.source

New Relic 取り込みポイントの名前 ( prometheusAPI )。

instrumentation.provider

prometheus

instrumentation.name

remote-write

instrumentation.source

prometheus_serverの値と一致する Prometheus データのソースのユーザー指定の識別子。

instrumentation.version

リモート書き込み API のバージョンを識別するために使用されます。例えば、 0.0.1.

NRQL クエリの例

ビルド・クエリ の場合、メトリクス、エンティティ、および属性の間にはリンクがないことに注意してください。以下の NRQL クエリを使用して、どのメトリクスが利用可能で、どの属性がこれらのメトリクスに存在するかを調べます。

クエリの作成

メトリック名と属性 を使って、データを照会することができます。ファセット、時系列、および時間選択の詳細については、 NRQL ドキュメント を参照してください。

PromQLスタイルのクエリを構築するには、[サポートされているPromQLの機能]](/docs/integrations/prometheus-integrations/view-query-data/supported-promql-features)に関するドキュメントを参照してください。

New Relicでデータを見る

データを照会すると、その結果を New Relic の UI で見ることができます。また、データをチャートやヒストグラムなどで視覚化することもできます。

Prometheus 統合のデータの NRQL クエリ結果を表示するには: one.newrelic.com > Query your dataに移動します。詳細については、クエリ ビルダーのドキュメントを参照してください。

ヒストグラムの作成とパーセンタイルの計算

Prometheus リモート書き込みまたはバージョン2.0.0以降の Prometheus OpenMetrics Integration (POMI) を使用して、ヒストグラムを生成し、データからパーセンタイルを計算できます。Prometheus ヒストグラムの場合、バケット<basename>_bucket{le="42"}がメトリック<basename>_bucketとして送信され、ディメンションは{histogram.bucket.le="42"}になります。

NRQL には、リモート書き込みまたは Prometheus OpenMetrics Integration (バージョン2.0.0以降) を介して取り込まれた Prometheus ヒストグラムで機能する 2 つの関数があります。bucketPercentile() 、およびhistogram() 。リンクにはクエリの例が含まれています。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.