• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

インフラストラクチャ・エージェントのトラブルシューティング用ログの生成

問題

インフラストラクチャエージェントのトラブルシューティングを行うときは、エラーを見つけて調査するために、数分間debugログを生成します。これは、独自のトラブルシューティングやNewRelicSupportを使用する場合に役立ちます。

重要

詳細ログは、大量のデータを非常に迅速に生成します。ログの生成が終了したら、ログをNew Relicに転送するときのディスク容量の消費とデータの取り込みを減らすために、必ずlevel: info (またはそれ以下)を設定してください。

newrelic-infra-ctlコマンドを使用して、このプロセスを自動化できます。詳細については、 トラブルシューティングバイナリのドキュメントを参照してください。

解決

debugログファイルを生成するには、構成ファイルを編集する必要があります。該当するすべての設定を含むサンプル構成ファイルについては、サンプルテンプレートを参照してください。詳細なログを生成するには:

ステップ

手順

ロギング設定を使用してnewrelic-infra.ymlファイルを編集します。

log:
level: debug
file: /path/to/logfile.log
  1. デバッグログを有効にします: level: debug 。(CoreOSでコンテナ化されたインフラストラクチャエージェントを使用する場合は、システム固有の注意事項を参照してください。)
  2. fileを便利なログファイルの場所に設定します。
  3. エージェントを再起動 エージェントが新しい設定に気づくように。

十分なログデータを生成するために、ホストを通常の負荷で約3分間動作させます。

設定をデフォルトに戻します。

  1. newrelic-infra.ymllevel: infoを設定して、詳細ログを無効にします。
  2. オプション: newrelic-infra.ymllogセクションからfile行を削除して、カスタムファイルへのログ記録を無効にします。
  3. エージェントを再起動 エージェントが新しい設定に気づくように。

ログファイルにエラーがないか調べてください。

ログファイルをNew Relic Supportに送る必要がある場合。

  1. エージェントのバージョンを含む行をログファイルに含めてください。

    New Relic infrastructure agent version X.YY.ZZZ
  2. ログファイルをnewrelic-infra.ymlと一緒にサポートチケットに添付します。

スマートバーボーズモード

エラーが発生するのは、かなりの時間が経過してからということもあります。通常、詳細なログは短時間しか有効ではなく、そうでなければ多くのデバッグログが発生するため、これはデバッグを困難にします。例えば、インフラストラクチャ・エージェントが起動してから1時間後にエラーが発生した場合、エラーが発生した時間帯にデバッグ・ログを取得することは困難であり、現実的ではありません。

infrastructure agent v1.9.0以降では、ログにsmart verboseモードを使用できるようになりました。スマート冗長モードでは、エラーがログに記録された後、最新のデバッグメッセージのみをログに記録します。これにより、無関係なデバッグメッセージを大量に記録することなく、最新のデバッグメッセージのみを記録して、エラーが発生するまでスマートバーボーズモードを実行しておくことができます。(メッセージの数は、設定によって決まります)。

スマートverboseモードの詳細については、 Infrastructure agent logging behavior docsを参照し、スマートverboseモードを有効にする方法の詳細については、 Infrastructure configuration settings documentationを使用してください。

エージェントログをNewRelicに転送する

インフラストラクチャエージェントは、独自のログをNewRelicに送信するように構成できます。これは、ログ転送、インフラストラクチャエージェントに関する問題のトラブルシューティング、またはサポートへの連絡に役立ちます。

インフラストラクチャエージェントのログ転送を有効にする方法の詳細については、ログ転送のトラブルシューティングを参照してください。

特定のシステムに関する注意事項

一般的なロギング手順 を補完するために使用される、特定のシステムに対する追加の注意事項と要件です。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.