• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

CodeStream を使用した IDE でのオブザーバビリティ

New Relic CodeStreamを使用すると、開発者は、IDEに可観測性をもたらし、それを日常業務の一部にすることで、担当するコードが本番環境でどのように実行されているかを確認できます。

CodeStream のすべては、IDE で開いているリポジトリのコンテキストに依存します。New Relic 上のどのサービスがこのリポジトリから構築されているかを CodeStream が認識していない場合は、最初にリポジトリをサービスに関連付けるように求められる場合があります。それ以外の場合は、コードから構築されたサービスがどのように実行されているかを包括的に把握できます。

サービスごとに、次のパフォーマンス データが表示される場合があります。

  • Golden metrics [ゴールデンメトリクス]: サービスのパフォーマンスを示す重要なシグナル。 メトリクスはサービスの種類 (APM、 browser 、モバイル、OTel、Lambda関数) によって異なります。
  • Issues [問題]: サービスに設定されたアラート条件に基づく未解決の問題 (APM のみ)。
  • Service-level objectives [サービスレベル目標]: 設定されたサービスレベル目標 (APM、 browser 、OTel) に対してサービスがどのように実行されているかの概要。
  • Transaction performance [結果パフォーマンス]: 前回のリリース以降、どのトランザクションでパフォーマンスの問題が発生しているかを確認します。 トランザクションのパフォーマンスについて詳しくは、こちらをご覧ください(APM のみ)。
  • Errors [エラー]: あなたが担当しているコードで最近発生したエラー。 エラーをクリックしてスタックトレースを進み、チームメイトと協力して調査します。 エラー調査 (APM、browser ) の詳細をご覧ください 。
  • Vulnerabilities [脆弱性]: パッケージ レベルの脆弱性。修復方法に関する情報が含まれます (APM のみ)。
  • Related services [関連サービス]: サービスを呼び出す、またはサービスによって呼び出されるすべてのサービス。それぞれのゴールデン メトリクスを表示できます。 サービスが全体像 (APM、 browser 、モバイル、OTel) にどのように適合するかを理解します。
  • Logs [ログ]: コンテキストの切り替えを避けるために、IDE から直接ログを検索します。 ログ検索 (APM、OTel) の詳細をご覧ください

ツリー内のサービス名の上にマウスを置くと、地球をクリックして New Relic のサービスの概要ページを開きます。

CodeStream の可観測性機能を使用するには、New Relic ユーザー タイプがコア ユーザーまたはフル プラットフォームであるか、New Relic の計算価格モデルを使用している必要があることに注意してください。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.