• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

GitHub Actions で変更を追跡する

New Relic の変更追跡機能をGitHub Actionsと組み合わせて使用して、顧客やシステムに対する変更の影響を監視できます。GitHub Actions を使用すると、監視する変更を指定して、New Relic UI で結果を確認できます。これにより、リリース パイプライン中に環境で行った変更を追跡できます。

入力

入力要素は次のとおりです。

必須

デフォルト

説明

guid

そう

該当なし

変更マーカーを適用するエンティティ GUID

apiKey

そう

該当なし

New Relic の個人用 API キー

changelog

ノー

該当なし

この変更の内容の概要。Change tracking [変更追跡]ページに表示されます。

commit

ノー

該当なし

Change tracking [変更追跡]ページに表示される、この変更のコミット SHA

description

ノー

該当なし

この変更の概要説明。 Overview [概要]ページと、個々の変更を選択したときにChange tracking [変更追跡]ページに表示されます。

deeplink

ノー

該当なし

変更を引き起こしたソースへのディープリンク

deploymentType

ノー

BASIC

デプロイメントのタイプ。デフォルトのBASICの他に、 BLUE_GREENCANARYOTHERROLLING 、または SHADOW

groupId

ノー

該当なし

他の変更にリンクするための変更のグループ ID

region

ノー

US

New Relic アカウントのリージョン

version

そう

該当なし

最新リリースタグなど、変更マーカーに適用するメタデータ

user

そう

github.actor

Overview [概要]ページとDeployments [デプロイメント]ページに表示される変更に関連付けるユーザー名

使用例

GitHub シークレット

次のGithub シークレットが設定されていることを確認します。

  • NEW_RELIC_API_KEY - パーソナル API キー
  • NEW_RELIC_DEPLOYMENT_ENTITY_GUID - マーカーを作成するための New Relic Entity GUID

New Relic Application Deployment Marker ページを確認し、 Use latest version ボタンをクリックして、利用可能な最新バージョンを使用していることを確認してください。

これらの例でも使用されているデフォルトの GitHub 環境変数が多数あります。

最低限必要なフィールド

name: Change Tracking Marker
on:
release:
types: [published]
jobs:
newrelic:
runs-on: ubuntu-latest
name: New Relic
steps:
# This step builds a var with the release tag value to use later
- name: Set Release Version from Tag
run: echo "RELEASE_VERSION=${{ github.ref_name }}" >> $GITHUB_ENV
# This step creates a new Change Tracking Marker
- name: New Relic Application Deployment Marker
uses: newrelic/deployment-marker-action@v2.3.0
with:
apiKey: ${{ secrets.NEW_RELIC_API_KEY }}
guid: ${{ secrets.NEW_RELIC_DEPLOYMENT_ENTITY_GUID }}
version: "${{ env.RELEASE_VERSION }}"
user: "${{ github.actor }}"

すべての入力フィールド

*NEW_RELIC_API_KEYに加えて、この例では、「 NEW_RELIC_DEPLOYMENT_ENTITY_GUID_<ID> 」のような複数のシークレットを格納することで、複数のアイテムをターゲットにする方法を示しています。ここで、 <ID>はターゲット アイテムの一意の識別子です。_

NEW_RELIC_DEPLOYMENT_ENTITY_GUID_App123
NEW_RELIC_DEPLOYMENT_ENTITY_GUID_App456
NEW_RELIC_DEPLOYMENT_ENTITY_GUID_App789
name: Change Tracking Marker
on:
workflow_dispatch:
release:
types: [published]
jobs:
newrelic:
runs-on: ubuntu-latest
name: New Relic
steps:
# This step builds a var with the release tag value to use later
- name: Set Release Version from Tag
run: echo "RELEASE_VERSION=${{ github.ref_name }}" >> $GITHUB_ENV
# This step creates a new Change Tracking Marker for App123
- name: App123 Marker
uses: newrelic/deployment-marker-action@v2.3.0
with:
apiKey: ${{ secrets.NEW_RELIC_API_KEY }}
guid: ${{ secrets.NEW_RELIC_DEPLOYMENT_ENTITY_GUID_App123 }}
version: "${{ env.RELEASE_VERSION }}"
changelog: "https://github.com/${{ github.repository }}/blob/master/CHANGELOG.md"
commit: "${{ github.sha }}"
description: "Automated Release via Github Actions"
deploymentType: "ROLLING"
groupId: "Workshop App Release: ${{ github.ref_name }}"
user: "${{ github.actor }}"
# This step creates a new Change Tracking Marker for App456
- name: App456 Marker
uses: newrelic/deployment-marker-action@v2.3.0
with:
apiKey: ${{ secrets.NEW_RELIC_API_KEY }}
guid: ${{ secrets.NEW_RELIC_DEPLOYMENT_ENTITY_GUID_App456 }}
version: "${{ env.RELEASE_VERSION }}"
changelog: "https://github.com/${{ github.repository }}/blob/master/CHANGELOG.md"
commit: "${{ github.sha }}"
description: "Automated Release via Github Actions"
deploymentType: "ROLLING"
groupId: "Workshop App Release: ${{ github.ref_name }}"
user: "${{ github.actor }}"
# This step creates a new Change Tracking Marker for App789
- name: App789 Marker
uses: newrelic/deployment-marker-action@v2.3.0
with:
apiKey: ${{ secrets.NEW_RELIC_API_KEY }}
guid: ${{ secrets.NEW_RELIC_DEPLOYMENT_ENTITY_GUID_App789 }}
version: "${{ env.RELEASE_VERSION }}"
changelog: "https://github.com/${{ github.repository }}/blob/master/CHANGELOG.md"
commit: "${{ github.sha }}"
description: "Automated Release via Github Actions"
deploymentType: "ROLLING"
groupId: "Workshop App Release: ${{ github.ref_name }}"
user: "${{ github.actor }}"

次のステップ

追跡したい変更を指定したら、New Relic UI でそれらの変更の影響を分析できます。詳細については、 New Relic で変更を表示および分析する方法 を参照してください。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.