• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

APM アプリケーションのデプロイメントについてチームに通知する

APM アプリケーション エンティティのデプロイメントを記録した後、Webhook を使用してそれらの変更についてチームに常に通知できます。これらは、変更追跡機能を使用してデプロイメントを記録するか、古い REST API を使用して記録するかに関係なく使用できます。

必要な権限

変更追跡通知設定には特定の権限が必要です。

  • Webhook のcreateへ: Applied intelligence > DestinationsおよびApplied intelligence > Channelsに対するModify権限。
  • Webhook のviewtestへ: Applied intelligence > DestinationsApplied intelligence > Channelsに対するView権限。
  • Webhook のmodifyへ: Applied intelligence > DestinationsApplied intelligence > Channelsに対するView権限、およびApplied intelligence > Destinationsに対するModify
  • Webhook のdeleteへ: Applied intelligence > DestinationsおよびApplied intelligence > Channelsに対するDelete権限。

Webhook の宛先 URL を取得する

デプロイメント データをさまざまな Webhook 宛先に送信できます。Webhook URL を取得するには、使用しているツールの指示に従ってください。URL を取得したら、次のセクションの手順を実行して Webhook 通知を構成します。

Slack を使用している場合は、ここの手順に従って従来の New Relic をセットアップしてくださいアプリ:

  1. Slackアウカントに管理者としてログインしてから、Appsに進みます。
  2. New Relic Alertsを検索し、そのタイルをクリックします。
  3. New Relic Alertsリストで、New Relicアイコンの下にあるConfigurationボタンをクリックします。
  4. New Relic Alertsの見出しの下にあるConfigurationタブをクリックします。
  5. Configuration [設定] タブで、鉛筆アイコンをクリックします。
  6. Webhook URLセクションまでスクロールダウンし、Copy URLをクリックします。

追跡された変更に対する Webhook 通知を構成する

New Relic UI に Webhook URL を挿入します。

  1. デプロイメント通知設定画面に移動します: one.newrelic.com > (ユーザーメニュー) > Administration > Integrations > Deploy notifications

  2. Webhook URL を Webhook URL フィールドに貼り付け、 Save [保存]をクリックします。

  3. Send a test request [テスト リクエストの送信]をクリックして、人工データを含むサンプル ペイロードを Webhook URL に送信します。

    A screenshot showing how to test the webhook
  4. Toggle this webhook [この Webhook を切り替えます] で、トグルをスライドして Webhook 通知を無効または再度有効にすることができます。

  5. Webhook 通知構成を完全に削除するには、 Delete this webhook [この Webhook を削除する] をクリックします。

通知ペイロード構造

デプロイ通知が有効になって変更の追跡を開始すると、Webhook はタイプapplication/x-www-form-urlencodedのペイロードを持つPOSTリクエストを受信します。キーと値は、キーと値の間に = 記号を入れて、 &で区切られたキーと値のタプルにエンコードされます。キーと値の両方の英数字以外の文字は URL エンコードされます。

デプロイメントおよびデプロイされた APM アプリケーション エンティティの属性に基づいて、次のキーと値が送信されます。

価値

created_at

ISO 8601 形式の展開のタイムスタンプ

application_name

APM アプリケーション エンティティの名前

account_name

APM アプリケーション エンティティを所有するアカウントの名前

changelog

デプロイメントに含まれる変更のリスト

description

導入の説明

revision

導入されたソフトウェアのバージョン

deployment_url

APM アプリケーション エンティティの展開 UI へのリンク

deployed_by

アプリケーションをデプロイしたユーザー

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.