• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

Browserモニタリングエージェントをインストール

Browserは、JavaScript スニペット(「エージェント」)を使用してアプリケーションのウェブページをインストゥルメントします。JavaScriptはブラウザ監視用のデータを収集します。Browserエージェントのインストールに際しては、さまざまなデプロイメントオプションから選択できます。

ヒント

ブラウザとその他のオブザーバビリティ プラットフォームを使用するには、New Relicファミリーに参加してください。サインアップして、わずか数秒で無料アカウントを作成できます。次に、毎月最大で100GBのデータを無料で取り込みます。期間無制限です。

デプロイメントオプションを選択する

Browserのディプロイ時にどのオプションを使用しても、最終的にはBrowserエージェントのJavaScriptスニペットがブラウザモニタリング用のページに挿入されます。個人の設定やビジネス上のニーズに合わせた方法をお選びください。Browserエージェントをインストールし有効にする手順を表示するには、使用するオプションのリンクをクリックします。また、Browserアプリケーション設定ページを使用して、設定を更新することもできます。

Browserのデプロイメントオプション

説明

APMエージェントを使用してJavaScriptを挿入する

APMエージェントを使用すると、ブラウザ監視用のJavaScriptスニペットを自動的に挿入できます。すでにAPMで監視されているアプリケーションにエージェントをインストールするには、これが最も簡単な方法です。(APMの監視対象となっているアプリケーションは、APMアプリケーションインデックスに一覧表示されています。)

ウェブページにJavaScriptスニペットを貼り付ける

BrowserエージェントのJavaScriptスニペットをコピー・アンド・ペーストすることで、アプリケーションのウェブページに挿入するJavaScriptの位置を正確に制御することができます。このオプションは、次のような場合に役立ちます。

  • スタンドアロン型アプリケーション、静的サイト、CDNによって配信されるキャッシュページ
  • 標準的なサーバーサイドアプリケーションと同様に、ブラウザアプリケーションに密接に連結されていないAPMアプリケーション(たとえば、クライアントサイドアプリケーションがREST APIバックエンドと通信する場合など)

シングルページアプリケーション(SPA)の監視を有効化する

SPAを有効化するにはPro + SPAサブスクリプションが必要です。またBrowserのJavaScriptエージェントの再度ディプロイが必要になる場合があります。

REST APIを使用する

REST APIを使用すると、BrowserのUI以外でデプロイメントの管理が可能になります。このオプションは、複数のアプリケーションをディプロイする大規模組織で有効です。

APMエージェントAPIを使用してJavaScriptスニペットを手動インストゥルメントする

APMで監視するアプリケーションでは、APMエージェントAPIを使用して、自動ではなく手動でJavaScriptを挿入できます。

APM監視対象のアプリケーションを有効化する

APMの監視対象になっているアプリケーションにBrowserエージェントを自動的にディプロイするには、次の手順を実行します。

  1. one.newrelic.com/Browser 追加の順に移動します。

  2. Browserのデプロイメントページで、Enable via APMを選択します。

  3. Browserエージェントインストゥルメンテーション機能で、利用可能なオプションを選択します。

  4. アプリケーション名を入力するか、検索ウィンドウを使用してアプリケーション名を検索します。

  5. Enableを選択します。

    重要

    Node.js:Note.jsアプリケーション用のBrowserエージェントの有効化を完了するには、HTMLページのheadタグの先頭にJavaScriptヘッダを挿入するための追加手順にしたがいます。

  6. アプリケーションでトラフィックを発生させます。

  7. Browserがデータ収集を開始するまで数分間待ってから、Browserアプリケーションインデックスからアプリケーションを選択します。

コピー・ペーストを有効化する

Browserのブラウザモニタリング用JavaScriptスニペットを、アプリケーションのウェブページに自分で挿入するには、この手順を実行してください。このオプションは、静的サイト(Jekyllなど)や、CDNで配信されたキャッシュページを監視する際に有効です。

ヒント

生成されたJavaScriptの末尾付近に、BrowserのライセンスキーとアプリケーションIDがあります。これはREST APIAPIエクスプローラーを使用する際に有効です。

  1. one.newrelic.com/Browser > Add moreに移動します。

  2. Browserのデプロイメントページで、Copy/Paste JavaScript Codeを選択します。

  3. Browserエージェントインストゥルメンテーション機能で、利用可能なオプションを選択します。

  4. アプリケーションに名前をつけます。

    • アプリケーションがAPMの監視対象となっている場合は、Yesを選択してアプリケーション名を入力するか、検索ウィンドウを使用してアプリケーション名を検索します。
    • APMの監視対象ではないスタンドアロン型のアプリケーションの場合は、Noを選択してアプリケーション名を入力します。
  5. Generate snippetを選択します。

  6. 自動表示されたスニペットをコピーしてから、ページ内の<head>要素のできる限り最上部に近く、かつ配置位置が影響する<meta>タグ(例:X-UA-Compatibleまたはcharset情報)の後にインラインでペーストします。インラインのhead配置に関する詳細については、JavaScript の配置要件を参照してください。

  7. アプリケーションでトラフィックを発生させます。

  8. Browserがデータ収集を開始するまで数分間待ってから、Browserアプリケーションインデックスからアプリケーションを選択します。

コピー・ペーストを使用した場合、セットアップが完了していなくても、アプリケーションのBrowserアプリケーション設定ページから、あるいは REST API(v2)を使用して、生成されたJavaScriptスニペットを表示・コピーできます。

APMエージェントを使用してウェブページをインストゥルメントする

この情報は、APMの監視対象となっているアプリケーションにも適用されます。

New Relicのエージェントはページロードタイミングで必要なJavaScriptを使用して、ウェブページをインストゥルメントすることができます。APMエージェントを使用してJavaScriptスニペットをウェブページに追加する場合は、できるだけ最上部に近い位置にインストゥルメンテーション用スニペットを挿入します。これによって、BrowserのAJAX呼び出しJavaScriptエラーに関する詳細な情報を有効利用できます。

詳細については、お使いのエージェント向けの手順をご覧ください。

Browserエージェントのインストレーションをトラブルシューティングする

セッショントレースAJAX 呼び出し、またはJavaScriptエラーを取得するためにBrowser Pro機能を有効にした場合、情報を入手できるようになるまで5分程度かかる場合があります。Browserのインストレーションに問題がある場合や、5分経過してもデータが表示されない場合は、トラブルシューティングのヒントを参照し、エージェントを再起動します。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.