• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

PHPエージェントのインストール。標準外のPHP (上級)

非標準の PHP インストールを使用している場合は、この手順に従って New Relic を正しくインストールしてください。これは、デフォルトのインストーラーがお使いの PHP インストールを見つけられない場合によく見られます (たとえば、セルフコンパイルされた PHP や自己完結型の PHP スタックを使用している場合など)。

重要

インストール作業の一環として、デフォルトの アプリケーション名 を意味のある名前に変更します。

要件

PHPのコマンドラインバージョン( php -i )を使用するか、 phpinfo()の出力を確認して以下を判別します。

  • PHP拡張バージョン( 2009062620100525201212122013122620151012 、または20160303
  • 拡張機能またはモジュールのインストールディレクトリ
  • あなたのバージョンの PHP が ZTS (Zend Thread Safety) をサポートしてコンパイルされているかどうか。

ZTSのオプションは、 PHPエージェントのバージョン9.17以前にのみ適用されます 。ZTS は、PHP バージョン 9.18 以降では利用できません。

コマンドラインでのnewrelic-installスクリプトの使用(推奨)

  1. これらのオプションを使用して、New Relicを正しいディレクトリに誘導します。

  2. そのディレクトリからnewrelic-installスクリプトを呼び出します。サーバーとパスによっては、インストールスクリプトがシステム上で他のバージョンのPHPを検出する場合があります。リストから特定のバージョンを選択します。

詳細については、 PHP インストールスクリプト を参照してください。

New Relicを手動でインストールする

インストールスクリプトを使用したくない場合は、完全に手動でインストールできます。PHPのインストールに関する情報を必ず収集してくださいphpinfo()から適切な値を確認して取得できます。次に、ファイルを作成してリンクするか、ファイルを手動で所定の位置にコピーします。

phpinfo()からインストールパラメータを取得

このプロセスがうまくいかない場合は、 phpinfo()から正しい情報を取得し、適切な設定を環境変数としてシステムに渡すことができます。

phpinfo()

メモ

PHPAPI

これは、 phpinfo()ヘッダーでPHP Extensionとラベル付けされています。

ARCH

これは、 file /path/to/phpを実行することで判別できます。

  • ELF-32への参照が表示されている場合、 ARCHx86です。
  • ELF-64への参照が表示されている場合、 ARCHx64です。

MODULEDIR

これは、PHPコアセクションでextension_dirとラベル付けされています。

PHPZTS

ZTSオプションは、 PHPエージェントバージョン9.19.0.309以前にのみ適用されます。ZTSは、PHPエージェントバージョン9.20.0.310以降では使用できません。

ZTSがコンパイルされているかどうかを判断するには、 phpinfo()出力の上部にあるThread Safety設定を探します。

  • これが無効になっている場合、 PHPZTSは空です。
  • これが有効になっている場合、 PHPZTSは文字列-ztsであり、前述のように先頭にハイフンが含まれています。

NRBASEDIR

これは、NewRelicエージェントのインストールディレクトリのベースディレクトリです。たとえば、 /usr/lib/newrelic-php5またはtarballインストール用にtarファイルを抽出したディレクトリ。

この情報をもとに、以下のコマンドを実行して、PHPモジュールをインストールしてください。サンプルの値を実際の設定に合わせるようにしてください。

NRBASEDIR=/usr/lib/newrelic-php5; export NRBASEDIR
    MODULEDIR=/usr/lib/php/modules; export MODULEDIR
    ARCH=x64; export ARCH
    PHPAPI=20090626; export PHPAPI
    PHPZTS="-zts"; export PHPZTS
    rm -f $MODULEDIR/newrelic.so
    ln -s $NRBASEDIR/agent/$ARCH/newrelic-${PHPAPI}${PHPZTS}.so \
      $MODULEDIR/newrelic.so

マニュアル設定

次のステップはコンフィギュレーションです。

  1. PHPインストールが追加の構成ファイルを読み取るディレクトリに$NRBASEDIR/scripts/newrelic.ini.templateをコピーし、名前をnewrelic.iniに変更します。

    宛先を決定するには、 Scan this dir for additional .ini filesと呼ばれるアイテムのphpinfo()出力を確認します。リストされているディレクトリが(none)の場合、このファイルからリストされているPHP構成ファイル(通常はphp.ini )に設定を追加します。

  2. newrelic.iniファイルのライセンスキー設定をライセンスキーに置き換えます。また、必要に応じて他のセッションを変更します(たとえば、 newrelic.appname )。

  3. $NRBASEDIR/daemon/newrelic-daemon.$architecture/usr/bin/newrelic-daemonにコピーします。

    お使いのシステムに応じて、 $architecture は x86 または x64 のいずれかになります。

  4. ディスパッチャー/ウェブサーバーを再起動してください。

  5. サイトが正しく機能していることを確認します。そうでない場合は、作成したnewrelic.iniまたはnewrelic.soを削除し、ディスパッチャ/ Webサーバーを再起動して、古い操作を復元します。

  6. Webサーバー/ディスパッチャーのログファイル( newrelicではない)を調べて、問題の特定に役立ててください。それでもサポートが必要な場合は、 support.newrelic.comでサポートを受けてください。

インストールの確認

newrelicセクションのphpinfo()ページを調べて、再起動後にエージェントがインストールされていることを確認します。エージェントが正常にインストールされたように見える場合は、システムをチェックして、2つのnewrelic-daemonプロセスが実行されていることを確認します。

  • RedHatベースのシステムの場合。

    ps -aef | grep newrelic-daemon
  • Debianベースのシステムの場合。

    ps aux | grep newrelic-daemon

アプリでトラフィックを発生させ、結果が APM まとめ ページ に届くまで3~5分ほど待ちます。

While you wait for your data to come in...

Did this doc help you install?

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.