• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

インストールスクリプトのサイレントモード(上級)

Puppet や Chef などのシステムを介して New Relic をインストールするには、 newrelic-installスクリプトをサイレントモードで実行し、いくつかの環境変数を介して制御できます。このドキュメントでは、環境変数を手動で設定して、 PHP インストール スクリプトをサイレント モードで実行できるようにするための情報を提供します。

インストーラの選択

PuppetやChefなどのシステムを使ってNew Relicを展開する場合、2つの選択肢があります。

  • Puppetを使って、ネイティブのパッケージマネージャ(rpm または dpkg)を使ってアーカイブをインストールします。
  • tarball distributionの内容を配布し、選択した場所にファイルを配置する。

パッケージ システム経由でインストールする場合、パッケージ インストール スクリプトによってファイルが配置されます。Ubuntu ベースのシステムは例外です。標準の PHP がインストールされている場合、インストール後のスクリプトによって New Relic 拡張機能のシンボリック リンクが作成されます。ただし、これは Puppet または Chef スクリプトに任されているため、 newrelic-installの実行は試行されません。

Puppet や Chef などのシステムを介して New Relic をインストールするには、 newrelic-installスクリプトをサイレントモードで実行し、いくつかの環境変数を介して制御できます。

環境変数の設定

これは、動作を制御するためにnewrelic-installを呼び出す前に設定できる環境変数のリストです。これらの環境変数を使用するだけでなく、インストール時にnewrelic.iniファイルでライセンス キーアプリケーション名も定義してください。

重要

NR_INSTALL_SILENT インストールをサイレント モードで実行するかどうかを決定します。設定されている場合、スクリプトのすべての情報は、これらの環境変数を介して提供する必要があります。

このドキュメントはインストールで役立ちましたか。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.