• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

Apollo ServerプラグインとNode.js

New Relic Apollo Server プラグインは、Apollo Server アプリケーションを計測して、GraphQL ペイロードを可視化します。これは、遅いGraphQL クエリの原因を明らかにして診断するのに役立ちます。サポートされている Apollo サーバーのバージョンは 2.14 以降です。

当社のプラグインは、クエリの全体的なタイミングを記録し、 分散型トレース を使用してルートの問題を明らかにします。このインスツルメンテーションを使用して、問題が要求されたデータの一部を解決する際に発生するのか、それとも他のサービスやデータベースで行われた作業に起因するのかを確認します。

互換性

New Relicプラグインは、以下のApollo Serverモジュールで動作します。

  • @apollo/server
  • @apollo/gateway
  • @apollo/subgraph
  • apollo-server (>= 2.14)
  • apollo-server-express
  • apollo-server-hapi
  • apollo-server-koa
  • apollo-server-fastify
  • apollo-server-lambda

他のプラグインは、その基本的な実装に応じて動作する可能性がありますが、検証されていません。

GitHubドキュメント

インストール、設定、トランザクションの詳細、メトリクス、セグメント、エラー、テスト、トラブルシューティングなどの詳細な情報は、GitHub にある New Relic の Apollo Server プラグインのドキュメントを参照してください。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.