• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Dockerなどのコンテナ環境C SDKのインストール

EOL通知

2022年4月をもって、CSDKを含むいくつかの機能のサポートを終了します。この移行に簡単に備える方法など、詳細については、 ExplorersHubの投稿をご覧ください。

New Relic C SDK をDockerコンテナ(またはその他のコンテナ)にインストールして、1つまたは複数のCアプリケーションを監視することができます。

コンテナ環境でのC SDKのインストール

要件:

注意

エージェントからデーモンに送信されるデータは暗号化されていません。エージェントとデーモンの間でプライベートネットワーク接続のみを使用することをお勧めします。これは、エージェントとデーモンが異なるホストで実行されている場合にのみ適用されます。

コンテナ環境用のC SDKをインストールするには、 C SDK daemon を別のdockerコンテナにインストールすることをお勧めします。

  1. C SDKリポジトリのクローンを作成し、デーモンをビルドして、デーモンをインストールします。これは、コマンドmake daemonを介して最も効果的に実行されます。詳細については、 README.mdを参照してください。

    Dockerを使用している場合は、Dockerhub( )にある C SDK daemon imageを使用することができます。

  2. * --addressおよび--watchdog-foreground引数を使用してデーモンを起動します。 --address引数は、デーモンが接続を受け入れるポートを設定するために使用されます。 --watchdog-foreground引数は、デーモンがフォアグラウンドで実行されることを保証します。

そして、コンテナ化されたアプリケーションでC SDKを使用します。

  1. 手順に従って、 C SDKをコードに追加してください.
  2. newrelic_init呼び出しを追加し、有効なaddress引数を渡すことにより、CSDKをデーモンにポイントします。この引数の値はHOST:PORTでなければなりません。ここで、 HOSTはデーモンが実行されているホストの名前またはIPアドレスであり、 PORTはデーモンがリッスンしているポート番号です。
Copyright © 2022 New Relic株式会社。