• ログイン

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

アプリやブラウザのApdexデータの取得(v2)

ここでは、New Relic REST API (v2) を使って、特定の アプリケーション IDAPI キー を対象に、アプリケーションとブラウザの Apdex データを取得する例を紹介します。デフォルトでは、 過去30分 の値のリストを1分ごとにJSON形式で提供します。

データを取得する際、指定した期間やデータの保存方法によって、返される値が異なる場合があります。詳しくは、 メトリックデータの抽出 をご覧ください。

Apdexのメトリック名と値

REST APIコールでApdexメトリック名と値を指定するには、必要に応じてこれらのコードを使用します。

メトリクス名

メトリック値

Apdex

スコア: アプリケーションのApdexスコア

s: アプリケーションの満足度カウント

t: アプリケーションの許容範囲のカウント

f: アプリケーションの欲求不満の数

count: アプリケーションのリクエスト回数

EndUserApdex

スコア: ブラウザのApdexスコア

s: ブラウザの満足度カウント

t: ブラウザの許容範囲のカウント

f: ブラウザのイライラカウント

カウント: ブラウザのリクエストカウント

スコアを決定するために使用される計算 は、 Apdex で説明されています。Measuring user satisfaction で説明しています。以下のセクションでは、 スコア の取得方法と、 s, t, f 値 の取得方法について説明します。

Apdexの平均スコア

平均 Apdex スコア (アプリとブラウザの両方)を 特定の期間 で取得するには、このコマンドを使用します。この例では、 アプリケーションID と、それに対応する APIキー の24時間をXML形式で表示しています。

curl -X GET "https://api.newrelic.com/v2/applications/${APPID}/metrics/data.xml" \
-H "X-Api-Key:${APIKEY}" -i \
-d 'names[]=Apdex&names[]=EndUser/Apdex&values[]=score&from=2014-01-01T00:00:00+00:00&to=2014-01-02T00:00:00+00:00&summarize=true'

これにより、 APM 概要 ページ で示されているのと同じApdexのスコアが返されます。

APM> (selected app)> Monitoring> Overview: API v2 を使用して、 APM Overview ページで表示されているのと同じ Apdex のスコアを返すことができます。.

Apdexメトリックの平均値

平均 Apdex メトリック値 特定の時間範囲 を取得するには、このコマンドを使用します。この例では、 アプリケーションID と、それに対応する APIキー の12時間をXML形式で表示しています。

curl -X GET "https://api.newrelic.com/v2/applications/${APPID}/metrics/data.xml" \
-H "X-Api-Key:${APIKEY}" -i \
-d 'names[]=Apdex&names[]=EndUser/Apdex&values[]=score&from=2014-06-09T00:00:00+00:00&to=2014-06-09T12:00:00+00:00&summarize=true'

ヒント: 平均ではなく一連のApdexスコアを返すには、 & summarize=true.

全ての平均Apdex値

特定の時間範囲 の平均 スコア、 s 、 t 、 f 、 count 、およびしきい値の完全なセットを取得するには、このコマンドを使用します。この例では、 アプリケーションID と、それに対応する APIキー の24時間( は、タイムゾーン の UTC から6時間西に調整 %2B06:00 )をXML形式で表示しています。``````[](/docs/apm/apis/requirements/identification-code)[](/docs/apis/rest-api-v2/requirements/rest-api-key#viewing)[](/docs/apm/apis/requirements/specifying-time-range-api-v2#utc)

curl -X GET "https://api.newrelic.com/v2/applications/${APPID}/metrics/data.xml" \
-H "X-Api-Key:${APIKEY}" -i \
-d 'names[]=Apdex&names[]=EndUser/Apdex&from=2014-06-09T00:00:00%2B06:00&to=2014-06-10T00:00:00%2B06:00&summarize=true'

ヒント

この例では、タイムゾーンを調整しても、出力はUTC時間として返されます。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.