• ログイン

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

平均応答時間の例(v2)

ここでは、New Relic API Explorer (v2) を使用して、指定した期間におけるアプリケーションの平均応答時間を取得する例を紹介します。

平均応答時間

平均レスポンスタイム(ミリ秒)は、 APM Summary page のアプリのメインチャートに表示される値です。New Relic では、この式を使ってレスポンスタイムを計算しています。

Response time = HttpDispatcher:average_call_time + ((WebFrontend/Queue:call_count * WebFrontend/Queue:average_response_time)/ HttpDispatcher:call_count)

メトリック値を取得するには、以下の2つのコマンドを使用します。

これらの例では、それぞれに同じ期間が使用されており、両方とも要約(平均)されています。

curl -X GET "https://api.newrelic.com/v2/applications/${APPID}/metrics/data.xml" \
     -H "X-Api-Key:${APIKEY}" -i \
     -d 'names[]=HttpDispatcher&values[]=average_call_time&values[]=call_count&from=2014-03-01T20:59:00+00:00&to=2014-03-01T21:59:00+00:00&summarize=true'
curl -X GET "https://api.newrelic.com/v2/applications/${APPID}/metrics/data.xml" \
     -H "X-Api-Key:${APIKEY}" -i \
     -d 'names[]=WebFrontend/QueueTime&values[]=call_count&values[]=average_response_time&from=2014-03-01T20:59:00+00:00&to=2014-03-01T21:59:00+00:00&summarize=true'

お客様のアプリケーションでは、問題となっている期間のキューイングタイムがゼロになることがあります。その場合、 WebFrontend/QueueTime メトリックの値はゼロになります。

ヒント

アプリが 一度も 待ち行列の時間を報告していない場合、 WebFrontend/QueueTime というメトリックは存在しません。

レスポンスタイム

APM Summary page, Response time は、アプリのメインチャート内に重ねて表示されるラインです。この行に表示されているメトリック値を取得するには、前述の同じ式と2つのコマンドを使用しますが、コマンドから summarize=true を削除します。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.