• ログイン

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

アプリケーションエラーレートの例(v2)

New Relic Data API (v2)を使用して、特定の期間におけるアプリケーションの平均エラーレートを取得する例を紹介します。この値は、 APM Summary ページError rate chart の上にパーセンテージで表示されます。

APIを利用するには、以下のものが必要です。

フォーミュラ

平均パーセンテージは、アプリの Summary ページError rate チャートの上に表示されます。New Relic ではこの式で計算しています。

Application Error Rate = 100 * Errors/all:error_count / (HttpDispatcher:call_count + OtherTransaction/all:call_count)

以下は、アプリの「APM Summary」ページに表示される Error rate チャートの例です。

APM> (selected app)> Monitoring> Summary: New Relic REST API v2 を使用して、アプリの APM Summary ページに表示される平均エラー率の割合を返すことができます。

APIコマンド

metric timeslice の値を取得するには、次の3つのコマンドを使用します。この例では、各コマンドに同じ時間帯を使用し、すべてを要約しています。

エラーカウントを取得するには

HttpDispatcher のコールカウントを取得するには (Web アプリケーション)が必要です。

OtherTransactionのコールカウントを取得するには (非ウェブアプリ)をご利用ください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.