• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

NerdGraphチュートリアル:適用されたインテリジェンスワークフローを作成および管理する

New Relicが適用するインテリジェンスの場合、NerdGraphAPIを使用してワークフローを作成および管理できます。

ワークフローの一覧表示とフィルタリング

workflowsクエリを使用すると、アカウントごとにすべてのワークフローをページ分割できます。また、アカウントワークフローでいくつかのフィルタリング機能を使用できます。ユースケースの例を次に示します。

ワークフローを作成する

ワークフローを作成するには、最初に宛先とチャネルを作成する必要があります。

callout.note

チャネルIDは一意であるため、複数のワークフローで使用したり、同じワークフローで複数回使用したりすることはできません。

ワークフローを更新する

ワークフローを更新するときは、提供する必要がある必須の属性はワークフローIDとアカウントIDのみであることに注意してください。残りはオプションです。たとえば、名前を更新するだけの場合は、名前を指定するだけで済みます。

ワークフローを更新する例を次に示します。

mutation {
  aiWorkflowsUpdateWorkflow(accountId: YOUR_ACCOUNT_ID, updateWorkflowData: {name: "Updated API Demo Workflow", id: WORKFLOW_ID}) {
    workflow {
      id
      name
      destinationConfigurations {
        channelId
        name
        type
      }
      enrichmentsEnabled
      destinationsEnabled
      issuesFilter {
        accountId
        id
        name
        predicates {
          attribute
          operator
          values
        }
        type
      }
      lastRun
      workflowEnabled
      mutingRulesHandling
    }
    errors {
      description
      type
    }
  }
}

ワークフローを削除する

ワークフローを削除する例を次に示します。

mutation {
  aiWorkflowsDeleteWorkflow(id: WORKFLOW_ID, accountId: YOUR_ACCOUNT_ID) {
    id
    errors {
      description
      type
    }
  }
}

ワークフローをテストする

テストでは、入力に一致する以前の問題を検索し、それに基づいて偽の通知を作成します。入力に一致する以前の問題が見つからなかった場合は、エラーが返されます。

例えば:

mutation {
  aiWorkflowsTestWorkflow(accountId: YOUR_ACCOUNT_ID, testWorkflowData: {destinationConfigurations: {channelId: CHANNEL_ID, type: SLACK}, issuesFilter: {predicates: [], type: FILTER}}) {
    status
    notificationResponses {
      status
      evidence
      channelId
    }
    errors {
      description
      type
    }
  }
}
Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.