• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

脆弱性管理を開始する

New Relic Vulnerability Management 機能でセキュリティの盲点を克服します。最新のソフトウェアは数千のコンポーネントで構成されており、従来のセキュリティ製品では、セキュリティ チームや個々の開発者が、これらのコンポーネントがもたらす脆弱性を監視および修復するために必要な洞察を得ることができません。

one.newrelic.com > All capabilities > Vulnerability Management

脆弱性管理では、ソフトウェアの脆弱性を俯瞰的に把握できるため、次のことが可能になります。

  • 最も差し迫った脆弱性を特定する
  • ソフトウェアの脆弱性の表面積を計算する
  • 提供された明示的な修復手順を使用して、脆弱性をトリアージし、ユーザーに割り当てます

one.newrelic.comにアクセスして、今すぐ始めましょう。

開発者、セキュリティ チーム、アーキテクト向けのセキュリティ インサイトを表示する

当社の脆弱性管理(脆弱性管理)機能は、開発者、セキュリティ チーム、セキュリティ エンジニア、アーキテクトに次のような機能を提供します。

したい:

  • 健全なアプリケーションを維持する

  • ソフトウェア ポートフォリオで最も緊急性の高い脆弱性を特定する

  • 脆弱性の深刻度を理解する

  • 日常のワークフローでセキュリティ チームの「セキュリティ」タスクを明らかにすることで、より安全なソフトウェアをより少ない労力で簡単に提供できるようにする

    開発者向けの洞察

したい:

  • ソフトウェア システムの脆弱性の表面領域を計算する

  • 各アプリケーションのランタイム アーキテクチャがビジネス リスク、脆弱性、重大度にどのように影響するかを理解する

  • セキュリティ タスクを個々の開発者に割り当てる

脆弱性を今すぐ監視

開始するには:

  1. New Relic アカウントを作成して、脆弱性の監視と修正を開始します
  2. APM エージェント、サードパーティの評価ツール、またはいずれかのエージェントから脆弱性データの送信を開始します。

要件

  • 脆弱性管理は、完全なプラットフォーム ユーザーが利用できます。
  • 脆弱性管理(脆弱性管理)には 、「脆弱性」機能に対する「読み取り」権限が必要です

APM エージェントを使用して脆弱性データをレポートするには、脆弱性レポートがサポートされていることを確認してください。

脆弱性管理の価格の詳細については、 価格ドキュメントを参照してください。

脆弱性管理におけるユーザーロール

脆弱性管理で使用される機能:

脆弱性管理へのユーザーアクセスの削除

組織内で役割を作成/調整する権限を持つユーザーは、脆弱性管理にアクセスできるユーザーを変更できます。 「脆弱性」機能に対する「読み取り」権限を持たないカスタム ロールを作成することで、脆弱性管理(脆弱性管理)へのアクセスを削除できます。 次に、制限するユーザーにこのカスタム ロールを適用する必要があります。

脆弱性管理へのアクセス権の付与

組織用に作成された現在のカスタム ロールを確認します。 脆弱性管理(脆弱性管理)を表示するためのアクセス権を付与するには、「脆弱性」機能に「読み取り」権限を追加します。 標準ロールにはこの機能が自動的に付与されますが、カスタム ロールには「読み取り」権限を付与する必要があります。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.