• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

セキュリティ チームとして脆弱性を管理する

このドキュメントでは、次の方法について説明します。

  • 当社のソフトウェア システムの脆弱性の表面領域を計算する
  • 各アプリケーションのランタイム アーキテクチャがビジネス リスク、脆弱性、重大度にどのように影響するかを理解する
  • セキュリティ タスクを個々の開発者に割り当てる

このワークフローが気に入らない場合は、開発者としての脆弱性の管理に関するドキュメントをご覧ください。

前提条件

統合の 1 つを介して送信された脆弱性データ。

システムの脆弱性の表面領域を表示する

one.newrelic.com > All capabilities > Vulnerability Management

脆弱性データが New Relic に流れ始めると、さまざまなスコープビューを通じてデータにアクセスできるようになります。 システム全体の概要を表示するには、脆弱性管理の概要ページに移動します。 このページには、システムの脆弱性とベースライン セキュリティ ハイジーンを表す厳選されたダッシュボードが提供されます。

すべてのエンティティ、ライブラリ、およびアクティブな脆弱性の脆弱性を監査することにより、システムのセキュリティをより深く掘り下げます。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.