• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

合成APIテストを記述する

重要

このドキュメントは、Node.js 16.10のスクリプト化されたAPIランタイム以降を対象としています。http-requestベースのNode.js 10以前のランタイムの詳細

スクリプト化されたAPIモニターは、APIエンドポイントが正しく機能していることを確認します。スクリプト化されたAPIモニターを作成するには、one.newrelic.com > Synthetic monitoring > Create a monitorに移動し、Endpoint availabilityタイルを選択します。

ヒント

その他のAPIテスト例を表示して共有するには、サポートフォーラムの合成スクリプトセクションまたは合成モニタリングのクイックスタートライブラリを参照してください。

API gotモジュールを使用

APIテストは、$httpオブジェクトで使用できるgotモジュールによって作動します。$httpオブジェクトは、gotrequestに似たカスタムエクスペリエンスを提供し、基本的なユースケースでモニターに下位互換性を提供します。$httpオブジェクトが提供するrequestのような体験は、Node.js 16以降のスクリプト化されたAPIランタイムで、requestを直接使用しようとする顧客にも返されます。

$httpオブジェクトを使用している限り、結果のタイミングの詳細が表示されます。$httpオブジェクトに含まれていないスクリプト化されたAPIユースケースでは、$harオブジェクトを使用してカスタムタイミングの詳細をレポートできます。

重要

最大で3分間のランタイム後、New Relicはスクリプトを手動で停止します。

one.newrelic.com > Synthetic monitoring > Create monitor:スクリプトエディタは、スクリプトコマンド(GitHubで使用可能)を単純化するために、関数、セレクタ、その他の要素を提案します。

リクエストオプションを設定する

スクリプトを開始する場合は、以下の手順に従います。

  • 変数(optionsなど)を宣言して、gotオプションオブジェクトを保存します。
  • URLエンドポイントやカスタムヘッダーなどのリクエストオプションを定義します。

ヒント

サポートされているオプションの完全なリストについては、GitHubのgotドキュメントにあるgotオプションを参照してください。

オプションオブジェクト内のオプションメタデータの例:

GETリクエストを送信する

GETリクエストをするには、$http.getメソッドを使用してリクエストを送信します。リクエストオプションを定義し、$http.getを使用してリクエストを行ってから、レスポンスを検証してエンドポイントが正しい結果を返していることを確認します。

POSTリクエストを送信する

POSTリクエストをするには、$http.postメソッドを使用してリクエストを送信します。リクエストオプションを定義し、$http.postを使用してリクエストを行ってから、レスポンスを検証してエンドポイントが正しい結果を返していることを確認します。

結果を検証する

結果を検証するには、assertモジュールをインポートして、テストケースを定義します。assertメソッドを呼び出して、エンドポイントのレスポンスを検証します。assert関数のいずれかが失敗する場合、モニター全体が失敗したチェックとみなされます。これにより、アラート通知がトリガされ、メトリクスに影響する場合があります。

重要

合成モニタリングは例外のスローを許可しません。例外がスローされると、スクリプトが失敗します。assertモジュールを使用して結果を検証し、console.log()を使用して合成コンソールに結果をログします

まだ作成されていない場合は、無料のNew Relicアカウントを以下で作成し、今すぐデータの監視を開始してください。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.